忍者ブログ
文鳥とお花とワタシと…
大切なパートナーの「文鳥」と狭いながらも楽しい我が庭で育てている「お花たち」とワタシの記録
 p.191 |  p.190 |  p.189 |  p.188 |  p.187 |  p.186 |  p.185 |  p.184 |  p.183 |  p.182 |  p.181 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

拍手する
参加してます♪
人気blog Rankingへにほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ 桜文鳥へblogram投票ボタン

Link This Entry?

This Entry URI:

(もぐもぐもぐもぐ…)|これ、緑穂っていうの?なかなかイケるわよ。8月14日はおねーさんの「腕乗り記念日」なんだって!
ぴーちゃんが大好きな緑穂はちょっと怖かったけど、おいしーーー!

コレ、なかなかイケるのよね。
ところで、「腕乗り記念日」って何のことかしら?

【飼い主より】
昨年の8月14日、「彼女」が初めてワタシの腕に乗ってくれました(涙)。
当時はアームカバーをしている腕限定だったのですが(笑)、荒鳥だったことを考えると飛躍的な進歩でした♪
記念日のお祝いとして、sammyさん宅のぴーちゃんが大好きな緑穂をあげてみました。
…穂についたままの状態だと、初めての形状にビビってしまうのですが、1粒1粒殻から出してあげると、奪い合って食べる始末(笑)。
茶きび赤きびは大好きなようなので、また気長に根気強く、穂から食べてくれる日を待とうと思います(笑)。

PR
拍手する
参加してます♪
人気blog Rankingへにほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ 桜文鳥へblogram投票ボタン

Link This Entry?

This Entry URI:
Submit Comment
Name
Title
TextColor
E-mail
URI
Comment
PassWord   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret message       

├── プレビュー中 ──┤ [preview]ボタンを押すと閉じます。

 
 
荒鳥の子が 手に乗ったり腕に乗ったりって…
ものすごく嬉しいですよね。
それを 記念日として覚えていらっしゃる気持ち
よ~くわかりますよぉ。

大丈夫よ!
いずれ 穂の状態のままでも食べられるように
なる日が来るよね~。
あぶりん URL 2008/08/15(Fri)11:13:37 編集
感無量でした
お返事が遅くなってしまって、ゴメンナサイ!

小雪を我が家に迎えたとき、ワタシはそれまで荒鳥を迎えたことがなかったので、どうやってコミュニケーションを取ればいいのか…と悩んだことを思い出します。
でも、そのおかげで、文鳥のことをより深く知ることができましたし、エサを手から食べてくれたり、腕に乗ってくれたり…という感動も味わうことができました♪

そう、吹雪は緑穂を穂から食べることができるようになりました。
若いと適応も早いんですよね(笑)。
小雪は当分無理そうですが、気長に待とうと思います!
Chiara  2008/08/19 23:41
 
こんにちは ぴーちゃんです
こゆきさん ふぶきちゃん おひさしぶりです
えじぷといらいだぴー
りょくほ おいしーよねー!!!
ぴーもこうぶつですよー
ほ についてるのを そのままたべるのも
おいしいよー
うもれて ねるのもおつですよー

今日はsammyです
いい記念日ですね!いまの小雪ちゃんからは
想像がつきませんが、♪そんな時代もあ~ったねと♪
言える日が来たことがめでたいですね!

やはり穂付は怖いのでしょうかね?
でも、「美味しいもの」と認識してくれたかな??
そしたら、きっとそのうちきっと二人とも、
緑穂に埋もれるようになるかもですよー(笑)
sammyとぴーちゃん 2008/08/15(Fri)14:23:40 編集
りょ・く・ほ~!
ぴーちゃん、こんばんは。吹雪です。
お久しぶりだね~。
エジプト、楽しかったね。
また、ハクちゃんに誘ってもらいたいよね!

そうそう、あたしは緑穂を穂から食べられるようになったよー。
おねーさんはまだダメだけどね!
でも、中に入っている実は食べたいみたいで、飼い主とかいう人に穂から出してもらってるよ。
あたしのほうがオトナでしょ?



こんばんは。Chiaraです。
お返事、遅くなってゴメンナサイ!
sammyさんも世の中の方々がお盆休みとかでくつろがれている時にお仕事だったそうで(笑)。
えぇ、もちろん、ワタクシも同志でございますとも(爆)。

緑穂、吹雪はあっという間に穂から平気で食べるようになりました♪
ぴーちゃんのように緑穂に埋もれて寝る日が来たら、その日も記念日にします!
小雪は当分、ワタシがムキムキしなければダメそうです(笑)。
Chiara  2008/08/19 23:48
 
Chiaraさんの手に足をかけて、緑穂をほおばっている小雪氏を見てると、
とっても荒鳥だったなんて思えないですね!
日々の飼い主との信頼ある時間が「荒」を「手乗り」に変えるのですね♪
素晴らしいことです。

ところで、Chiaraさんとこも茶きびにされたのですね〜♪
私はなぜか、赤きびを注文しました。
ぴーちゃんも茶きびを食べてましたよね。(←訂正:今ぴーちゃんを確認したら、赤きび食べてました!なんで勘違いしてたんだろう、私・・。)
なのになぜか注文のとき、「赤きび」だわ!と迷うことなく選択しました。
なにが違うのか、今も分かりませんが・・^^;
(↑ぴーちゃんが赤きび食べてたから、うちも〜!と思ってただけだったんですね・・・^^;)

来年はどれにしようかな〜♪
どれもこれも注文したいくらいです!(笑)
はま煎茶 URL 2008/08/16(Sat)00:37:11 編集
懐かしいです
お返事が遅くなってしまって、ゴメンナサイ!

そうなんですよね、小雪は荒鳥だったんですよね。
初めて迎えた荒鳥に、どうやったらこの家に来てよかった…と思ってもらえるか…、どうしたら楽しく過ごしてもらえるか…、止まり木にポツンととまっている小雪を見ながら考えていた日々が懐かしいです。

緑穂、ハクサクちゃんは最初からバッチリOKでしたね!
特に、身体が小さめのハクちゃんが食べてくれて、煎茶さんもうれしいことでしょうとも!!!

我が家は吹雪が穂から食べるようになりました。
最初は実が堅いのか、ポロポロこぼしてましたが、今ではバリバリ食べてます♪
小雪は当分ムキムキしてあげなければダメそうです(笑)。

赤きびの他に、今年も黄あわ、茶きび、うるちきびが掲載されてましたね。
黄あわなら小雪も食べそうなので、来年は何種類か買ってみようと思います。
ぴーちゃんのあの顔、ハクサクちゃんのあの顔を見たら、ブンチョ飼いなら誰でも我が家も…と思いますよね!
Chiara  2008/08/19 23:56
 
小雪ちゃんは荒鳥だったんですか。
全然そんな感じがしなかったので、オドロキです。
素敵な記念日ですね。
ちょっと遅くなりましたが、おめでとうございます
おまめ 2008/08/16(Sat)01:37:05 編集
そうなんです
お返事、遅くなりました(汗)。
記念日へのお祝いの言葉、ありがとうございます!

小雪は生後半年から1年という、とっても曖昧な状態でお迎えしたのですが、今年の冬に産卵しましたし、ヒナ毛も混じっていなかったので、多分1歳になっていたのだと思います。

最初はエサや水を換えるために、カゴに手を入れるだけで大騒ぎ!
カゴの扉を開けても全然出てきませんでしたし、間違って(笑)出てしまっても、うまく飛べなかったんです(汗)。

ヒナで吹雪を迎えてから、その傍若無人ぶりに引っ張られて、手乗りになってしまった…という感じです(笑)。
Chiara  2008/08/20 00:01
 
荒鳥ちゃんの手乗り日。
もう涙が出るくらい嬉しく、
頬ずりしたいくらい(実際すると逃げますが・・・)いとおしいですよねぇ!!
小雪ちゃんはとってもいい子!!
吹雪ちゃん、お姉さんにこれからもいい影響を与えてあげてね!
りょう URL 2008/08/17(Sun)22:26:52 編集
奇跡は起こりますよね!
お返事、遅くなりました(汗)。

我が家の小雪もそうですが、ららちゃんも奇跡を起こしてますよね!
ブンチョに限らず、生きとし生けるものには必ず気持ちが伝わるものですよね。
本当に何度も「ありがとう!」と言っちゃいましたし、頬ずりしたかったです(確かに実際にすると逃げまくりですが)。

ヒナ時代の吹雪の怖いもの知らずぶりが、小雪を引っ張ってくれた部分が大きいので、吹雪にもいつまでもあのキャラでいてほしいと思います(笑)。
Chiara  2008/08/20 00:16
 嬉しい記念日
おめでとうございます。Chiaraさんは本当にまめですね。
大雑把なので、手に乗った日も手からえさを食べた日も忘れてしまっています。ですが、手乗り崩れだった彼が懐いてくれる喜びは、とてもよく判ります。
吹雪ちゃんのちからもあるかな?
karin URL 2008/08/17(Sun)23:41:32 編集
まめなのは…
お返事、遅くなりました(汗)。
お祝いのお言葉、ありがとうございます♪

ワタシがまめなのは、文鳥に関してだけです(爆)。
…というか、忘れたくない日はすぐにスケジュール管理ソフトに記念日として登録しておくようにしています。
それは、一重にワタシがそういった大事な日でも平気で忘れてしまうからでして(汗)。

ヴァルくんも最初は手を怖がっていたとおっしゃってましたよね。
ペットショップなどで、ひとり餌になった状態でカゴに入っている子は、最初は手乗りだったかもしれませんが、だんだんと人間との接触が減って、手を怖がるようになってしまうんですよね。
文鳥は、基本的に人間とのコミュニケーションを望んでいる…とどの飼育書にも書いてありますが、今回初めて荒鳥が手乗りになる過程を経験して、本当の意味で文鳥のことを理解できたように思います。
まだまだ知らないことはたくさんありますが(汗)。

>> 吹雪ちゃんのちからもあるかな?
これが一番大きいと思います。
あのヒナ時代の傍若無人ぶり…それに引っ張られたのだと思います(笑)。
Chiara  2008/08/20 00:15
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
Animal Clock


Calendar

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Sur Craft

Japanese Colors

Recent Comments

Widget

連絡はコチラから!
Twitter

twitter / Chiara5513

Counter


ブログ内検索

Monthly Archive
RSS

Oldest Entries

(02/12)
(02/13)
(02/14)
(02/15)
(02/16)

アクセス解析
Copyright ©  文鳥とお花とワタシと…  All Rights Reserved.
* Material / Template by tsukika忍者ブログ [PR]