忍者ブログ
文鳥とお花とワタシと…
大切なパートナーの「文鳥」と狭いながらも楽しい我が庭で育てている「お花たち」とワタシの記録
 p.194 |  p.193 |  p.192 |  p.191 |  p.190 |  p.189 |  p.188 |  p.187 |  p.186 |  p.185 |  p.184 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

拍手する
参加してます♪
人気blog Rankingへにほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ 桜文鳥へblogram投票ボタン

Link This Entry?

This Entry URI:

このとろこの半端じゃない雷雨や豪雨、被害に遭われた方、お見舞い申し上げます。
1日も早く日常生活に戻ることができますように、お祈りします。
数日前までは、ブログで拝見する様々な地域の方々と、ワタシが住んでいる地域の天候が全く違っていたのですが、昨日あたりからはほぼ同じ様な天候です。

こ、これは!見覚えのある…|おねーさん、中においしいものがあるの?さて、人間界はそんな異常気象に襲われていますが、そろそろ気温も下がってきましたし、文鳥界では繁殖期に入りますね(ため息)。
昨年は「彼女」がまさかの産卵、今年はどうなんだろう…と気にしつつも、万が一のことを考えて、苦々しい思いながら、つぼ巣を用意しておくことにしました。
実は、「彼女」をお迎えする時に、普通の形のつぼ巣を一緒に購入したのですが、「彼女」のお好みには合わないようで、今年も「もしゃ系(by はま煎茶さん)」の巣を購入しました。
本来は、昨年使った巣を熱湯&日光消毒をして使用することができるはずなのですが…。
実は、今年の春に「彼女」が抱卵を放棄した時点で巣を撤去し、熱湯で消毒し、ベランダで日光消毒をしたのですが、ほんの少し外出している間に激しい風雨にさらされて、雨には濡れるわ、ふっとんで形はくずれるわ…(爆)。
で、「彼女」に報告がてら、ほんの少しだけチラ見せすると、いつもはこの大きさのモノには近づかないか、ビビリながら近づいていくのですが、一目散に近寄って覗きまくり!
きっと、覚えていたんですね…というわけで、すぐに箱にしまって撤収しました(汗)。

さっ、ちょっとやってごらんなさい、そうそう|こんな感じ?(めんどくさいなぁ~)でもってですね、今まで確信がなかったので、ブログには書かなかったのですが、今日、衝撃の瞬間をカメラでとらえることができたのです!
な、なんと、チビッコ・桜が「彼女」の羽繕いをしてたんです!!!!!
数週間前から、朝の羽繕いタイムの時に、時々ですが、なんとなく接近しすぎている風景を見るようになりました。
「何してたの?」と問うてみたところで、何の返答もなく(当たり前!)、そのまま解散して、それぞれお気に入りの場所で羽繕いをし、その後は、エサ場で争い、一等地争奪戦で争い…と普段通りで、前よりも仲がよくなった様子は皆無。
しかし、今日、ワタシは見てしまったのです、この写真の風景を!
チビッコ・桜がひとり餌になって、「彼女」のカゴに初めて侵入したとき、「彼女」がチビッコ・桜の羽繕いをしたことが一度だけありましたが、2人ともオトナになったら、今度はチビッコ・桜が「彼女」の羽繕い…。
ホント、文鳥界の人間(鳥)関係はフクザツです(笑)。

あくびしてますけど、何か?最後は、運任せでしか撮影でいない念願の「彼女」の大口写真です(笑)。
実は、ワタシのデジカメには「高速連写」なる設定があることに最近気付き、使ってみたのですが…。
ワタシのイメージとしては、1回シャッターを押すと数枚勝手に撮影してくれる機能ではないかと思っていたのですが、「高速連写」にして1回シャッターを押しても何も起こらず…。
そこで普通はマニュアルを読むのでしょうが、デジカメに関しては「やって覚える」が主な修得方法のワタシ(汗)、とりあえず1回シャッターを押した直後にもう一度押してみたところ、すぐに撮影できました。
要するに、自分で連写するんですね(汗)。
でも、普通の撮影モードからすれば、本当に素早く次のシャッターを押すことができます。
それで撮れたのが、この「彼女」の大口写真!感動しました!
ただ、「高速連写」に設定したからといって、ワタシの場合、大口写真を撮るのは運任せであることに、変わりはないようです(笑)。

【追記:8/31】
「高速連写」についてですが、コメントでりょうさんがご教示してくださった通り、シャッターを長押しすると、押している間、高速で連写されます。
りょうさん、ありがとうございました♪
あ~ぁ、お恥ずかしいったらありゃしない!(by 刑事貴族・本城慎太郎)。

PR
拍手する
参加してます♪
人気blog Rankingへにほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ 桜文鳥へblogram投票ボタン

Link This Entry?

This Entry URI:
Submit Comment
Name
Title
TextColor
E-mail
URI
Comment
PassWord   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret message       

├── プレビュー中 ──┤ [preview]ボタンを押すと閉じます。

 
 
忘れる前に、高速連写、多分、シャッターを押さえっぱなしにすると、連写してくれると思うのですが。。。
私のデジカメそうなので^_^;

で、で、
小雪ちゃんと、吹雪ちゃんの羽繕い。
涙出そうでした~~!!
実は、我が家の、亡きふー、と、今いるららは、
ずーーっとこんな感じで羽繕いしあっていました。
ららが、ツツツーってふーに擦り寄っていき、頭を下げてふーのお腹の下に差出し、クチバシでふーの脚の指を甘噛みして「いいこいいこして」っておねだりするんです。
なでてもらっているときのららの幸せそうな顔は、見ている私たちも微笑が浮かんでしまいました。

きっと小雪ちゃんも幸せ実感ですよ~~~!!
小雪ちゃん、吹雪ちゃんがなでなでしてくれるの、気持いいよね~~~!!!

そして、お姉ちゃん思いで優しい吹雪ちゃんが大好きです!!
(告白してしまった・・・)
りょう 2008/08/31(Sun)10:45:43 編集
きゃぁ~恥ずかしい!
高速連写の件、ご教示ありがとうございました!
これでコンピュータ業界に永年居座ってるなんて、いやぁ、お恥ずかしい(汗)。
どうも、本体が小さくなるにつれて、マニュアルを軽視する傾向がありまして(激汗)。

小雪と吹雪の羽繕い、かなりレアですよ~。
ちなみに今日はやっていませんでした。
ちょっと観察してみると、朝、天気が悪く曇っていて、部屋の中が薄暗いと羽繕いしているような気がします。
ふーちゃんとららちゃんのエピソード、とっても心が温かくなりました♪
うちの2人もそういう心温まる気持ちで、羽繕いしていると思いたいです(笑)。
何故かというと、吹雪がかなり「めんどくさい」オーラを出してるものですから(汗)。


りょうさんへ

吹雪です。
あたしのことを大好きって言ってくれて、ありがとうございます!
おねーさんは真っ白で美人だから、みんなにキレイだってほめられるけど、飼い主とかいう人が言うには、あたしはみんなに笑いを提供するのがお仕事だって。

だから、大好きだって言ってくれて、とってもうれしいな!
あたしも、りょうさんのこと大好きです!!!
Chiara  2008/09/01 02:15
おぉぉ!
きゃ~、吹雪ちゃんが小雪ちゃんに羽繕いしてあげてる~!ほほえましい光景ですねぇ。とても争いが絶えない(?)2人(羽)にはみえませ~ん。

小雪ちゃん、大口あけてますねえ(笑)
おすまし美人な小雪ちゃんの、こういうスキのあるところ(お口に豆苗つけまくってるとか・・・)がかわいくてたまりませ~ん。
シナモン 2008/08/31(Sun)21:20:58 編集
おぉぉ!ですよね~
最初に見たときは、すぐに離れてしまったので、自信がなかったのですが、昨日はバッチリ、ハッキリ目撃しました!
ホント、普段、エサや一等地を巡って争っている2人からすると考えられません(笑)。
しかも、吹雪が小雪の羽繕い?逆じゃないかしら?…という驚きもありました。

>小雪ちゃん、大口あけてますねえ(笑)
大口小雪を褒めていただいて、ありがとうございます(笑)。
気取って写真に写るワリに、案外、脇があまあまの小雪をこれからもよろしくお願いします(爆)。
Chiara  2008/09/01 02:19
 仲良きことは
美しきかな、ですね。
実は仲良しだったのですね。というか、本当はそうしたかったのに、なかなかたどり着けなかったのかな。見ていてほほえましいです。
karin 2008/09/02(Tue)14:03:54 編集
期間…いや時間限定ですが(笑)
いくらブン様たちの恋の季節だからといって、我が家の2人がこんなことをするようになるとは、夢にも思いませんでした(笑)。
今日も羽繕いしていたのですが、どうも、吹雪が小雪の羽に触ってみたい…という興味から、羽繕いしているようです。
小雪の方は、気持ちがいいのでつい目をつぶってしまいますが、しばらくすると「はっ!」と気付いて、自分のお気に入りの場所に移動します(笑)。
Chiara  2008/09/04 01:28
 
あらぁ~ 仲むつまじく…
いいですよね~。文鳥さんの この仕草。
いつまで見ていても こっちが
幸せになるような感じがして(笑)

もしゃ系の巣…(^_^)
その巣に どんなドラマが生まれるでしょうね?
あぶりん URL 2008/09/03(Wed)03:59:29 編集
女子同士でも和みます
今まで、女子2人という構成は未経験なので、よもやこんなことをするようになるとは…。
今でも、普段のの様子からは想像もつきません(笑)。
最初は驚き、次第にケンカにならないかとヒヤヒヤでしたが、おっしゃる通り、やはりブン様たちのこういう姿は、見ているだけでこちらも幸せを感じますよね!

我が家のもしゃ系の巣でのドラマは、多分、占領する小雪、留守の間にものすっごく背伸びしてのぞき込む吹雪…という感じかと(笑)。
Chiara  2008/09/04 01:33
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
Animal Clock


Calendar

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Sur Craft

Japanese Colors

Recent Comments

Widget

連絡はコチラから!
Twitter

twitter / Chiara5513

Counter


ブログ内検索

Monthly Archive
RSS

Oldest Entries

(02/12)
(02/13)
(02/14)
(02/15)
(02/16)

アクセス解析
Copyright ©  文鳥とお花とワタシと…  All Rights Reserved.
* Material / Template by tsukika忍者ブログ [PR]