忍者ブログ
文鳥とお花とワタシと…
大切なパートナーの「文鳥」と狭いながらも楽しい我が庭で育てている「お花たち」とワタシの記録
 p.278 |  p.277 |  p.276 |  p.275 |  p.274 |  p.273 |  p.272 |  p.271 |  p.270 |  p.269 |  p.268 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

拍手する
参加してます♪
人気blog Rankingへにほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ 桜文鳥へblogram投票ボタン

Link This Entry?

This Entry URI:

小雪似のカードスタンドとバラの小物入れ♪ここ数日は、寒さも少し緩んで来ましたね。
先週の金曜日に母親の三回忌を終えましたが、その日はいろいろな意味でとっても寒い一日でした(汗)。
でも、無事に三回忌を終えることができて、一安心…。
今回もいろいろなことがありましたが、とにもかくにもこれで法事は一段落…。
七回忌までは、少しゆっくりできそうです。

おねーさん、あたしもそこに入れる?|アンタにはまだ早いわよっさて、前回の日記でもご紹介した我が家の文鳥連中のカーテン裏大闘争…。
お玉ちゃんモードを脱却したときに、すぐに伸びた爪を切らなかったダメダメ飼い主のワタクシのせいで、「彼女」がレースのカーテンに爪をひっかけてしまったのですが…。
その後、更にこんなことが…


写真をご覧いただいておわかりになるように、「彼女」はお玉ちゃんモードから復帰してから、レースのカーテンでくつろぐようになっていました。
それまでは、プチプチがおいてあるレースのカーテンのレールの上でマッタリしていたため、レールの上にプチプチを置いたのですが、前回の日記でご報告したように、全く効果無し…。

何、見てんのよ![左の羽が下がってます]そして、16日の土曜日の夜、いつものように「彼女」がレースのカーテンと厚手のカーテンの間をバサバサバサッという音と共に落ちた音がしました。
「また、落ちちゃったのね」と救出に向かうと、真っ暗なカーテンとカーテンの間で目をまん丸くしている「彼女」がいました。
「彼女」はてんかん様発作持ち…。
ここ1年くらいは発作を起こしていませんが、救出して少し気持ちが落ち着くまで手の中でなだめていました。
少しして、心臓バクバクも落ち着いてきたようなので手を広げると、エサ場へ行こうとして、近くにあるゴミ箱の中に落下…。
「もしかして、また発作か…」と思い、また手の中でなだめていたのですが、発作ではなさそう…。
やけに左側の羽を気にして、羽を広げては一生懸命羽繕いしています。
そして、少し左側の羽が下がっているように見え、羽の裏側の肌の部分が黒くなっていました。

消炎剤を飲んで様子を見ます…羽を広げて確認したり、羽繕いしたりしていましたが、飛ぼうとすると全く羽ばたけないため、床に落ちてしまいます…。
ただ、羽を動かしているので、「骨折はしていないだろう」と思い、とりあえず病院があく今日まで放鳥無しで様子を見ていました。
昨日の夜から、病院に連れて行こうかどうしようか…本当に眠れないほど悩みました。
このところ発作は起こしていないものの、もともとは荒鳥でてんかん様発作持ち…。
病院に連れて行くことが負担になったら…と思うと、すぐに「行こう!」という気持ちになれませんでした。
でも、今日の朝、「もし骨折していて、一生飛べなくなってしまったら、努力して手乗りになったのにかわいそうだ」という結論に達し、重装備で病院へ…。
幸いなことに病院は歩いて5分程度の距離であることも、「やっぱり病院へ連れて行こう」と思った一因でした。
診断結果は…やはり「骨折」でした(涙)。
羽を広げた途端に先生が「あ~折れてるねぇ。羽の表も裏も黒くなってるから、だいぶ内出血してるね」と…。
自分でさーっと血の気が引いていくのがわかりました…。
そして、涙目で「飛べるようになりますか?」と聞くと、「大丈夫、飛べるようになるよ。骨はずれてつくと思うけど、飛べるようになるから」と言って下さいました。

どーして、おねーさんだけここにいるの?入れて~!かくして、「彼女」は本宅である大きなカゴではなく、もともとはチビッコ・桜のカゴだった小さいカゴに一人住まい。
毎日、消炎剤を水に混ぜるのですが、健康なチビッコ・桜にはよくないという理由での別居です。
その他は普通通り生活してよいとのことでしたが、止まり木の段差を小さくして、半バリアフリー化しました。
…が、本人(鳥)は至って元気で、そりゃぁもう動き回るので、じっとしていてもらうために致し方なく、渋々モシャ系の巣を設置しました。
そうなると、隣の芝生が青く見えるのがチビッコ・桜。
自分は自由に一人で飛び回って、好きなことができているのに、「彼女」のカゴにはり付いて、「入れてくれ~」と言わんばかり(汗)。

何故、アタシだけ隔離されてるのか全然わからないわっ!そんなこんなで、かなり凹んでいる飼い主ですが、「彼女」が発作を起こすこともなく、困らせることなく先生に診ていただくことができて、一安心…。
これで、次に何か病院に行くような事態になったとしても、ためらうことなく連れて行くことができます。
とはいえ…ワタシが母親の三回忌やら、その他いろいろなコトに気をとられている時に起きた事故…。
いえ、人災と言っても過言ではありません。
もっと早く何か手を打っていれば、こんなことにはならなかったかもしれない…と思うと、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです…。
「今日は、本当にがんばったね、小雪ちゃん。そして、ダメダメ飼い主でゴメンネ。早くよくなってね。」

【24:56追記】
今、ようやく「彼女」がおとなしくなりました(汗)。
自分が骨折していることなどお構いなしに、文鳥キックを繰り返すので、こちらはヒヤヒヤです(哀)。
結局、半バリアフリー化したため、止まり木やモシャ系の巣を低い位置に設置したのですが、それがお気に召さなかったようで…。
やはり夜はいつも通り、高い位置の止まり木でお眠りになりたいそうです(汗)。
モシャ系の巣の屋根と同じ高さに止まり木を設置したところ、そちらでお休みになられるそうです(笑)。
骨折して辛いであろう「彼女」自身が「やめてくれ~」というほど元気でいることが、せめてもの救いです。
いろいろな想いが交錯しまくりで凹んでますが、文鳥連中の前では元気にいつも通りのワタシでいようと思います。
みなさま、ご心配いただいて、本当にありがとうございます♪

PR
拍手する
参加してます♪
人気blog Rankingへにほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ 桜文鳥へblogram投票ボタン

Link This Entry?

This Entry URI:
Submit Comment
Name
Title
TextColor
E-mail
URI
Comment
PassWord   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret message       

├── プレビュー中 ──┤ [preview]ボタンを押すと閉じます。

 
大丈夫!!
小雪ちゃん、きっとすぐによくなります!!
だってママがこんなに心配しているんですもの。
でも、本当に病院に行くか、行かないか、の決断は迷いますね。
毎日「どっちがこの子のためか」って。
でも小雪ちゃん、とてもおりこうさんでしたね。
Chiaraさんのことちんと信頼しているから、きっとそばにいてくれれば、ドコにいっても平気なのかもしれませんよ!!

そして吹雪ちゃん。
お姉さん、もう少ししたらまた吹雪ちゃんと遊べるから、少しだけ我慢ね!!
りょう 2010/01/18(Mon)23:49:10 編集
ありがとうございます♪
さっそく励ましの言葉をいただいて、ありがとうございます。
小雪は骨折しているとは思えないほど、元気にしております(笑)。

>でも、本当に病院に行くか、行かないか、の決断は迷いますね。
>毎日「どっちがこの子のためか」って。
本当に悩みました(哀)。
このところ発作は起こしていなかったのですが、「飛べない」とわかったときにそれはもう動揺しているような顔をしていたので…。
でも、小雪は本当にお利口さんで頑張ってくれました。


★りょうさんへ★

こんばんは。吹雪です。
おねーさんが「骨折」とかいうケガをして、ひとりでカゴに入っているので、つまらないです。
でも、飼い主とかいう人が、おねーさんもひとりでさみしいから、カゴの前に遊びに行ってもいいって言うから、時々おねーさんのカゴの様子を見に行ってます。
おねーさんはあんなに元気なのに「骨折」って痛くないのかな?
Chiara  2010/01/19 20:48
無題
Chiaraさん、心配な気持ちでいっぱいでしょうね。私もかつて同じような経験をしています。
でも、お医者さんが太鼓判を押してくれたんですもの。大丈夫です。
小雪ちゃん本人も元気そうにしているのだし、順調に治っていきますよ。
小雪ちゃんは病院通いもクリアできそうですね。えらいなあ。
シナモン 2010/01/19(Tue)00:09:06 編集
そうですよね!
自分で羽が動かせる=打撲だと思っていたのですが、先生にうかがったところ、骨折していても羽を動かせるそうです(汗)。
人間だったら、骨折していたらあんな動かし方、痛くて絶対にできないだろう…と思っていたのが、間違いでした(汗)。

>でも、お医者さんが太鼓判を押してくれたんですもの。大丈夫です。
>小雪ちゃん本人も元気そうにしているのだし、順調に治っていきますよ。
励ましのお言葉、痛み入ります(涙)。
先生が「あ~ぁ、折れてるねぇ」とおっしゃった時は、文字通り血の気が引きましたが、「飛べるようになる」と言って下さったので、本当にホッとしました…。

>小雪ちゃんは病院通いもクリアできそうですね。えらいなあ。
ことによると、小雪より吹雪の方が大騒ぎするかもしれません(汗)。
小雪は先生に診ていただいている間も、先生の親指を一度だけ甘噛みしただけで、後はおとなしくしていました。
吹雪だったら、もっと激しく抵抗してマジ噛みだったと思います(汗)。
Chiara  2010/01/19 20:52
 
小雪姉さん、本当に偉かったですね。お大事になさって下さいませ。お口に合わないかもしれませんが、ちゃんとお薬お飲みになって下さいね!
先代のるる爺も大きな骨折をしましたが、その後も元気に過ごしてくれましたし、小雪姉さんがちゃんとご飯を召し上がったり、動き回ったりなさってると伺ってほっと胸をなでおろしました。お薬が終わるまで1ヶ月くらいかと思いますが、どうぞご自愛くださいませ。
Chiaraさん、心中お察し致しますが、どうぞお心を強くお持ちになって下さい。Chiaraさんの落ち込んだお顔を見れば、賢い小雪姉さんは心配なさるでしょうし、吹雪ちゃんだって戸惑われてしまう事でしょう。
今週は少し暖かくなるようですが、温度差がありますので、どうぞ皆様もお身体にお気をつけてお過ごし下さいね。
さってぃん 2010/01/19(Tue)00:33:36 編集
がんばりまっす!
★さってぃんさんへ★

こんばんは。小雪よ。
褒めていただいて、うれしいわ。

お薬だけど、アタシは何でもおいしくいただくことにしてるのよ。
朝、あのヒトがアタシをつかまえて、くちばしのところに1滴お薬を垂らすんだけど、そんなことしてもらわなくても、自分で飲めると思うのよ。
まっ、でも、それじゃぁ、あのヒトの気もすまないだろうから、おとなしくしてるけど。

さってぃんさんのお宅の先代・るる爺さんも大きな骨折をなさったのね。
アタシもちょっと羽の具合が変だったから、自分でもよぉく確認してみたんだけど、アタシにはよくわからなかったわ。
でも、飛べないんだから、折れてるんでしょうね。

まっ、そのうち、治ると思うわ。
お医者さんだって、飛べるようになるって言って下さってるのに、あのヒト、大騒ぎしすぎなのよ。

こんなヒトだけど、さってぃんさん、これからもよろしくお願いしたいわ。

じゃ、ごきげんよう



すっかり、形無し飼い主のChiaraです(汗)。
ホント、誰かが病気やケガをしたときは、それを見守る人の様子で、ケガや病気をした方も動揺するんですよね。
それを再度、心に刻み、しっかりお世話したいと思います。
お見舞いのお言葉、ありがとうございました!
Chiara  2010/01/19 20:59
小雪ちゃん、偉かったね 
こんばんは~。
骨折とは羽でしたか。。
ふとした事が大きな心配事となってしまうのが小鳥ですよね。
私もかつて骨折文鳥さんと暮らしてましたので、お察し致します。
でも、すごいじゃないですか、小雪ちゃん。
癲癇もあって元荒鳥でもあるわけですよ!
それが病院でも良い子で診察して頂いたとは!!
小雪ちゃんの頑張りもさることながら、Chiaraさんの愛情を
深く深く感じましたし、小雪ちゃんはそれに応えてくれたのですね。
お二人の絆に感動です。
これから暫くは小雪ちゃんも不自由かと思いますが
妹分の吹雪ちゃんもいますしね。
きっと元気になってくれますって。
Chiaraさんもまだまだ安心するまでには
日にちが掛かってしまうかもしれませんが
ご無理なさらずにね。
最後になってしまいましたが、お母さまの三回忌法要、お疲れさまでした。
かあちん 2010/01/19(Tue)00:56:26 編集
羽だったんです(哀)
>骨折とは羽でしたか。。
そうなんですよ、羽だったんです。
足は大丈夫だったのですが、羽がカーテンレールにひっかかったのだと思います。
羽となると、固定はできないらしく、羽に処置はせずに様子見です。
それでも、『飛べるようになるよ』と先生がおっしゃって下さったのですから、凹んでばかりいないで、お世話に励みたいと思います。

>でも、すごいじゃないですか、小雪ちゃん。
>癲癇もあって元荒鳥でもあるわけですよ!
>それが病院でも良い子で診察して頂いたとは!!
そうですよね。本当に小雪はがんばりました。
前の晩に本当に悩みに悩みましたが、やはり小雪は強い子でした!<親バカ!

歩く道々、プラケースの上が少し見えるようにして、「大丈夫だからね、後少しだよ」と声をかけながら病院に向かいましたが、細~くはなっていたものの、発作を起こすこともなく、無事、通院できました。
あっ、先生の親指をガブッと一噛みしましたけど(笑)。

>これから暫くは小雪ちゃんも不自由かと思いますが
>妹分の吹雪ちゃんもいますしね。
>きっと元気になってくれますって。
そうですね。
もう既に、吹雪は小雪のカゴにワタシが渋々セットしたモシャ系の巣が気になって気になって、壁にはり付いて覗いてます(笑)。

小雪は小雪で、外にいる吹雪がうらやましいらしく、壁にはり付いて「アタシがいない間に何してんのよ!」とばかりに、覗きまくりです(汗)。

2人が元気にしていてくれるのですから、飼い主が凹んでばかりじゃぁいけませんね、えぇ。
1日も早く治るよう、お世話に専念いたします、ハイ。


>最後になってしまいましたが、お母さまの三回忌法要、お疲れさまでした。
今回もいろいろナニでしたが、とりあえず無事済ませることができました。
ねぎらいのお言葉、ありがとうございます。
Chiara  2010/01/19 21:06
小雪ちゃんお大事に
ちょっとびっくりしちゃったのかな、小雪ちゃん。でも、もう大丈夫ですよ。元気にお薬飲んで、早く治そうね♪
Chiaraさん、病院へ連れて行ってよかったですね。本当に、忙しい時に限って色々重なってしまうものです。ですが、小雪ちゃんが(骨折してても)元気そうなのがなによりではないですか!Chiaraさんも小雪ちゃんに負けないで(って、勝負じゃないけれど(笑))きちんと御飯召し上がってね。
吹雪ちゃんももちょっと待っててねー。
karin 2010/01/19(Tue)00:58:09 編集
おとなしくしていてくれないんです(哀)
★karinさんへ★

こんばんは。小雪よ。
いつもあのヒトがお世話になってます。

今回はアタシも不覚だったわ。
落ちるときにいつもとちょっと違う角度で落ちたみたいで、アタシとしたことが焦ったんでしょうね。

でも、また飛べるようになるっていうことだから、しばらくガマンするわ。
あのコが覗きに来るのがちょっと気に入らないけど!

じゃ、ごきげんよう。



本当に病院に無事、連れて行くことができて安心しました。
羽を自分で動かすことができても骨折していることがある…という事実を知り得たこと、発作を起こさずに小雪を病院に連れて行くことができるとわかったこと…そして、何よりも、また飛べるようになると言っていただけたこと…。
どれも、ワタシにとっては大収穫でした。
思い切って、連れて行ってよかったと思います。

ワタシも骨折をもろともせず、元気にしている小雪に負けないよう、一生懸命お世話したいと思います。

あっ、吹雪は相変わらずマイペースでやってます(笑)。
時々、小雪のカゴにはり付いて、中を覗いていますが、ひとりでカゴの外にいることにだんだんと慣れてきているようです。
Chiara  2010/01/19 21:13
 
骨折とお聞きして心配してました。
でも小雪ちゃんがいつもと変わらない様子だったので少し安心しました。
完治するまでは少し時間がかかるのでしょうね。
みんな大変だと思いますが、頑張って乗り切ってくださいね。
Chiaraさん、どうぞ自分を責めないでくださいね。
小雪ちゃんが一日も早く元気に飛びまわれるように
お祈りしています。

tsukiko 2010/01/19(Tue)01:44:29 編集
ご心配、痛み入ります…
>骨折とお聞きして心配してました。
ご心配をおかけしてます(汗)。
小雪は「骨折」という事実以外は、本当にいつも通り、元気にしています。
薬を飲ませるときだけ、カゴの外にだして、素早く握りにするのですが、そのわずかな間に飛ぼうとします(汗)。
「いや、小雪ちゃん、今はね、飛べないから」と言っても「そんなワケないじゃない」ってな顔でワタシの方を見ます(笑)。

>小雪ちゃんが一日も早く元気に飛びまわれるように
>お祈りしています。
ありがとうございます。
凹んでばかりもいられませんから、少し時間はかかるかもしれませんが、1日も早く元通りに飛べるよう、お世話に専念したいと思います!
Chiara  2010/01/19 21:16
ご無沙汰しております
お久しぶりです。

小雪ちゃんも大変だったと思いますが、chiaraさんも大変でしたね。
凹んでいるとの事ですが、病院にも行って出来る事をしたのですし
小雪ちゃんも無事なのですから、どうかお気を落とさずに。。。
逆に小雪ちゃんに心配されちゃいますよ!
文鳥さんはよく見てますからね(笑)

小雪ちゃん、ちゃんとchiaraさんのいう事を聞いて
早く元気になってね!
おまめ URL 2010/01/19(Tue)01:45:31 編集
ご心配、おかけします(汗)
>お久しぶりです。
お久しぶりです!ご家族みなさん、お元気ですか?
のっけから、ご心配をおかけして、スミマセン(汗)。
小雪は骨折はしているものの、本当にそれ以外はフツーに元気にしております。

>逆に小雪ちゃんに心配されちゃいますよ!
>文鳥さんはよく見てますからね(笑)
ホントですね(汗)。
昨日は吹雪がずっとワタシの側を離れませんでした…。
様子が違うとすぐにバレバレなんですよね。
えぇ、飼い主として、小雪が1日も早く治るよう、お世話します!


★おまめさんへ★

こんばんは。小雪よ。
ごきげんいかが?

新年早々、ご心配をおかけして、ゴメンナサイね。
アタシは、骨折しているらしいけど、元気にしてるわ。

あのヒトが騒ぎ過ぎなのよ。
先生だって、また飛べるようになるって言って下さってるのに、アワアワしちゃって、アタシの方が恥ずかしかったわ。

おまめさんも子育てでお忙しいと思うけど、お身体大事になさってね。
ちびちゃんにもよろしく伝えてね。

じゃ、ごきげんよう。
Chiara  2010/01/19 21:21
 お見舞い
小雪ちゃんは骨折でしたか。もしかして
我が家も骨折だったのかなぁ。。。
ウチも人災でした。起こってしまった事は
戻すことはできなから、せめて以後は同じ
失敗を2度と起こさない。

この子が少しでも1羽で生活し易いように
環境を改善する。

この2点は徹底しました~。

今ではリビング&ダイニングを端から端まで
飛び回ってますけどね。

ご近所に小鳥を診ていただける病院が
あってホントよかったです。

怪我をしても寝るときは高い位置で…
小雪ちゃんらしくてステキです。

2週間ほど養生すれば大丈夫でしょうか?
元気な分、Chiaraさんも小雪ちゃんもお互いに隔離は辛いかと思いますが治ったときは、存分に放鳥を楽しんでくださいね。
ぽうこ 2010/01/19(Tue)06:11:29 編集
お見舞い、ありがとうございます
>小雪ちゃんは骨折でしたか。もしかして
>我が家も骨折だったのかなぁ。。。
ワタクシ、小雪が自分で羽を動かしていたので、打撲だろうと判断していました(汗)。
骨折していたら動かせないだろう…と思っていたので…。
でも、全く飛べないという点と羽付け根の裏側が黒くなっている点が気になって、悩んだ挙げ句、病院へ…。

羽のぽうこさん宅のお嬢様はどちらだったのでしょうね…。
でも、おっしゃる通り、起こってしまったことは元に戻せませんから、二度と起こらないよう対策をきちんと立てることが肝要ですね。

>今ではリビング&ダイニングを端から端まで
>飛び回ってますけどね。
元気に飛び回れるようになって、本当によかったですよね。
我が家の小雪も1日も早く、そうなってほしいと願っています。

>ご近所に小鳥を診ていただける病院が
>あってホントよかったです。
えぇ、今の家に引っ越ししてきて、その点が一番安心でした。
看板にコトリのマークが入っている通り、患者さんはワンちゃんネコちゃんが多いものの、コトリのこともよく理解して下さる先生です。

>怪我をしても寝るときは高い位置で…
>小雪ちゃんらしくてステキです。
ワタシがそれに気付かなかったので、夕べはずいぶんと遅くまで騒いでました(汗)。
あまり騒ぐので、「もしや…」と高い位置に止まり木を設置したところ、嘘のようにおとなしくお休みになられました(笑)。

>2週間ほど養生すれば大丈夫でしょうか?
どれくらい時間がかかるか…は、小雪の養生具合にもよると思いますが、1日も早く治るよう、お世話したいと思います。
骨折以外は、元気過ぎるほどなので、おとなしくしていてもらうのに苦労しそうですが、それも贅沢な悩みですよね(汗)。
Chiara  2010/01/19 21:29
 
きっと 小雪姐さんも Chiaraさんと
一緒にゆっくり休む時なのかもしれませんよぉ。

無理せず ゆっくり休めば
きっと 良い方向へ向かいますよ♪
この時期ですから 寒さ対策も大切ですよね。

無理せず 無理せず (^_^)

法事 お疲れ様でした。
3回忌が終わると ちょっと 一安心ですよね。
あぶりん 2010/01/19(Tue)07:05:55 編集
そうかもしれませんね
>きっと 小雪姐さんも Chiaraさんと
>一緒にゆっくり休む時なのかもしれませんよぉ。
そうですね…。
荒鳥で我が家に来てから、手乗りになるまで、本当に激動の数年を過ごしたワケですから、少しお休みする時期なのかもしれませんね…。
お世話しながら、一緒にゆるりと過ごそうと思います(笑)。

>この時期ですから 寒さ対策も大切ですよね。
そうですね、これは先生からも指示を受けました。
寒さ対策はバッチリ!です。
…というか、あまりにバッチリ過ぎて、昨日の夜は、小雪は「暑いっ!」と開口呼吸してました(汗)。
今日は少し暖かいこともあって、今は適温に保ってます。
ご心配いただいて、本当にありがとうございます。
無理せず、ゆっくり、お世話して行こうと思います。

>法事 お疲れ様でした。
>3回忌が終わると ちょっと 一安心ですよね。
ありがとうございます。
ホント、三回忌までは何やかんやと気ぜわしいですよね。
とりあえず、一安心です。

あっ、キリ番認定の記念品、用意してあるのですが、発送が遅れていてゴメンナサイ(汗)。
近日中に発送いたしますので、今しばらくお待ちを!

みなさ~ん、「39555」のキリ番はあぶりんさんと認定いたしました♪(笑)
Chiara  2010/01/19 21:35
 御見舞い申し上げます
小雪ちゃん、大変でしたね・・。
近くに病院があったこと、そしてなんとか無事に受診できたことは不幸中の幸いでした。
小雪ちゃん、とにかく元気な様でいてくれるなら、少しは安心ですね。(それにしても受診よく頑張りました!親孝行なお嬢さんです)
 chiaraさん、ご自分を責めないでやってくださいね。小雪ちゃんもそんなふうには思っていないはず・・。
Chiaraさんも小雪ちゃんも、どうか心と体の休養がすこしでもとれますように・・
波ちどり 2010/01/19(Tue)08:30:23 編集
ありがとうございます
お見舞いの言葉、ありがとうございます。
自分の心に余裕が無いと、ダメですね(汗)。
小雪には申し訳ないことをしたと猛省していますが、とにもかくにも発作を起こさず、無事通院できたことは、本当に収穫でしたし、先に光りも見えて、安心しました…。

>Chiaraさんも小雪ちゃんも、どうか心と体の休養がすこしでもとれますように・・
お気遣い、ありがとうございます(涙)。
小雪も吹雪もいつも通り、元気です。
お互い、仲良しというワケではありませんが、別居は少しさみしいようで、朝も吹雪をカゴから出すまでは、小雪はぼ~っとしてました(汗)。
吹雪が出てきて、小雪のカゴの前で大騒ぎし始めると、小雪も調子が出て来たようです(笑)。
1日も早く治るよう、お世話したいと思います。
Chiara  2010/01/19 21:40
 小雪ちゃん
頼もしいお医者さんの 『大丈夫、飛べるようになるよ』にほっとしました。
事故は予測のつかないことですから ご自分を責めないでくださいね。
小雪ちゃんが頑張ってお薬飲んで,(できるだけw)安静にしていてくれれば きっと早く治りますね。
お母様,三回忌でしたか。
いろいろとお疲れ様でした。
いずみん 2010/01/19(Tue)09:44:48 編集
ワタシもです(哀)
>頼もしいお医者さんの 『大丈夫、飛べるようになるよ』にほっとしました。
祈るような気持ちで「飛べるようになりますか?」とお聞きしたのですが、あっさり「大丈夫、飛べるようになるよ」というお返事が返って来て、本当にホッとしました。
ご心配おかけして、スミマセン(汗)。

>小雪ちゃんが頑張ってお薬飲んで,(できるだけw)安静にしていてくれれば きっと早く治りますね。
ホント、安静にしていてほしいのですが、自分が骨折しているという自覚があまりないようで…。
「痛いんじゃない?」と聞いてみたところで、我関せずという感じでして(汗)。
でも、1日も早く元通りに飛べる日が来るよう、お世話したいと思います。

>お母様,三回忌でしたか。
>いろいろとお疲れ様でした。
ねぎらいのお言葉、ありがとうございます。
今回もいろいろとありましたが、なんとか無事済ませることができました。
七回忌までは少し、平穏な日々が過ごせそうです(汗)。
Chiara  2010/01/19 21:43
お大事に… 
先ずは、小雪ちゃんのお怪我、お見舞い申し上げます。
そしてお母様の三回忌法要、お疲れさまでした。

文鳥さんの骨って、とてもほっそいですものね…。
元気に動き回っていれば、人間でも野鳥さんでもケガをすることはありますし、
何かの拍子にきっと折れてしまわれたのかと思います。
Chiaraさん、どうかあまり凹みませんよう…。
かく言う私も、幼少の頃にでんぐり返しをした時に、
文鳥さんを背中でムギュっと踏んでしまったことが。
足を庇う仕草はしていたのですが、元気に動いてましたし…。
結局左脚を骨折していた様なのですが、母が気付いて病院につれていったら、
ずれた状態でくっついていたそうです(汗)。
でも、その後も元気に生活していましたので、
きっと小雪ちゃんも大丈夫!! 絶対飛べる様になります!!!

どうぞ、お大事になさって下さいね。
ちぃ 2010/01/19(Tue)21:23:08 編集
ありがとうございます…
>先ずは、小雪ちゃんのお怪我、お見舞い申し上げます。
>そしてお母様の三回忌法要、お疲れさまでした。
小雪へのお見舞いの言葉、そして三回忌へのねぎらいの言葉、ありがとうございます。

今回の小雪の骨折は、カーテンの間を落ちてくる際に、左側の翼がカーテンレールに引っかかってしまったのだと思います。
先生曰く、「ひねって骨折した感じ」とおっしゃっていました…。
いつもはそんな落ち方はしなくても、何かの拍子にそんな風になってしまったのだと思います…。
吹雪よりも小雪の方が身体が大きい…ということも、ひとつの要因だと思います。

>結局左脚を骨折していた様なのですが、母が気付いて病院につれていったら、
>ずれた状態でくっついていたそうです(汗)。
>でも、その後も元気に生活していましたので、
そうですか。ちぃさんもお辛い思いをされたんですね…。
そういう辛い思いをしながら、同じことが起こらないように…と注意するようになっていくんですよね(哀)。

今回の小雪の骨折も、やはり「ずれてくっつくだろう」と先生はおっしゃっていました。
それでも「また、飛べるようになる」と言って下さったことで、どれだけ救われたかしれません…。
診断を受けるまでは、「せっかく手乗りになってくれたのに、一生飛べなくなってしまったらどうしよう…」と心臓バクバクでした(哀)。

>どうぞ、お大事になさって下さいね。
ありがとうございます。
1日も早く元通りになれるよう、お世話に励みたいと思います。
Chiara  2010/01/19 21:49
 
こんにちは
小雪ちゃん骨折だったのですか…
痛いでしょうね
どうか早く良くなって下さいね
病院にも通院出来た小雪ちゃんですもの!
きっと早く良くなりますよ!!
不味いでしょうがお薬も飲んで下さいね
お大事にしてください
らいぞう 2010/01/20(Wed)11:18:43 編集
痛いと思うのですが…
>小雪ちゃん骨折だったのですか…
>痛いでしょうね
多分、痛いのだと思うのですが、人間が骨折したら、到底できないような格好で羽繕いしているので、ヒヤヒヤです(汗)。
既に別カゴでの生活に飽きたようで、一番高い位置の止まり木から、うらめしそ~にワタシの方をじ~っと見ています(笑)。

>不味いでしょうがお薬も飲んで下さいね
それが…まずいと思うのですが、これまた、全然気にしている様子がないんです(汗)。
朝晩は1滴ずつ原液を飲ませるのですが、文句も言わずに飲んでますし、薬を溶かしたお水もフツーに飲んでます。

もしかして、かなり鈍いのかしら…なんて思ったりしていますが、薬を嫌がらずに飲んでくれるのは、飼い主にとってはとってもありがたいことです。

ご心配いただいて、ありがとうございます♪
Chiara  2010/01/20 22:23
早く治りますように
お母様の三回忌お疲れ様でした。
小さなぶんちょさんの怪我や病気は
どうしても自分を責めてしまいそうになりますよね。
病院へ連れて行くか迷う気持ち、
血の気が引く思い・・・
全部まるで自分のことのように感じながら
読んでしまいました。
我が家の銀も病院に連れて行きましたが
発作起こしてました(涙)。
小雪ちゃんは、偉かったですね。

飛べるようになるとのことで
本当に良かったですね。
そして、Chiaraさんが心配しているのとは裏腹に
小雪ちゃんが元気にしているみたいで
安心しました。

文鳥の看病は一生懸命すればするほど
(薬を飲ませたり、放鳥を我慢させたり)
文鳥に嫌がられるのが辛いところですよね(笑)
アナタのためなのよ~と叫びたくなります。

小雪ちゃん、お願いだからおとなしくしてて~!
吹雪ちゃん、ひとり遊びはつまらないだろうけど
もうちょっと我慢してね。
macoot 2010/01/20(Wed)17:21:05 編集
ありがとうございます
>お母様の三回忌お疲れ様でした。
ねぎらいの言葉、ありがとうございます。
これで、しばらくは法事関係の煩雑さから解放されます(汗)。

銀ちゃんの具合はいかがですか?
急に寒くなったり、暖かくなったり…と、小さな身体のコトリたちには危険な季節ですよね…。

>我が家の銀も病院に連れて行きましたが
>発作起こしてました(涙)。
病院へ行くまでの迷い…、行ってからの思い…理解していただいて、ありがとうございます(哀)。
我が家の小雪は、発作を起こさずに済みましたが、銀ちゃんは発作を起こしてしまったんですね(涙)。
ブログで拝見しましたが、銀ちゃんも回復傾向にあるようで、よかったですね。

>そして、Chiaraさんが心配しているのとは裏腹に
>小雪ちゃんが元気にしているみたいで
>安心しました。
ホント、今日なんて、「もうココにいるのは飽きたのよ。出してほしいわ」と言いたげな顔で、じ~~っとワタシの方を見ているんです。
小雪は薬を嫌がらずに飲んでくれるので助かりますが、この視線がかなり痛いです(汗)。


★macootさんへ★

こんばんは。小雪よ。
銀ちゃんはその後、いかが?
桃ちゃんにお歌を教えるためにも、早く元気になってほしいわ。

アタシは、骨折しているって先生もあのヒトも言うけれど、自分ではよくわからないわ。
何故、アタシだけ、カゴに閉じ込められてるのかしら。
まっ、でも、大好きな半生フルーツをあのコとケンカしなくても食べられるから、少しガマンしてみようとおもうわ。

銀ちゃんと桃ちゃんにもよろしくね。

じゃ、ごきげんよう。
Chiara  2010/01/20 22:31
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
Animal Clock


Calendar

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Sur Craft

Japanese Colors

Recent Comments

Widget

連絡はコチラから!
Twitter

twitter / Chiara5513

Counter


ブログ内検索

Monthly Archive
RSS

Oldest Entries

(02/12)
(02/13)
(02/14)
(02/15)
(02/16)

アクセス解析
Copyright ©  文鳥とお花とワタシと…  All Rights Reserved.
* Material / Template by tsukika忍者ブログ [PR]