忍者ブログ
文鳥とお花とワタシと…
大切なパートナーの「文鳥」と狭いながらも楽しい我が庭で育てている「お花たち」とワタシの記録
 p.89 |  p.88 |  p.87 |  p.86 |  p.85 |  p.84 |  p.83 |  p.82 |  p.81 |  p.80 |  p.79 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

拍手する
参加してます♪
人気blog Rankingへにほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ 桜文鳥へblogram投票ボタン

Link This Entry?

This Entry URI:

以前にもブログに書いたのですが、ワタシは桜文鳥のヒナ時代の姿形がとっても好きです。
ほぼ一色の濃淡の羽に覆われているんですが、ヒナ換羽が終わると劇的に変化するんです。

今日、撮りだめた写真をパラパラと見ていたら、チビッコ・桜のヒナ時代の写真が何枚もありました。
ほんの数ヶ月前ですが、なんだかとっても懐かしい気持ちに(笑)。
そこで何枚か当時の写真を引きずり出してみました。

あたし、吹雪、エンジン全開なの!まずは、我が家に迎えて1ヶ月ちょっと経った5月10日に撮影した写真。
この頃から既にかなりのイタズラ好きでしたが、写真に撮るととってもいたいけ(by 波ちどりさん)。
汚れを知らない無垢なコに写ってます。
この頃は水浴びも大好きだったのに、今では毎日やる気満々で水浴び容器の所に行っては、「水浴びしたつもり」ばかりです(笑)。

ちょ、ちょー何するの?|ちょっと羽繕いしてあげるわ2枚目は、5月30日に撮影した写真。
臆することなく「彼女」のカゴに侵入しては、エサや豆苗、粟穂などを食べたり、くつろいだりするようになった頃です。
最初は、「だ、誰よアンタ!」と警戒していた「彼女」ですが、慣れてきたのか、母性に目覚めたのか(笑)、「彼女」が羽繕いのまねごとをしてます。
ちょっと腰が引けてますが、チビッコ・桜もまんざらでもない様子でした。
2人ともオトナになった今では、決して見られない光景です(笑)。

そこだよ、そこ!いいねぇ~!最後の写真も5月30日撮影の「握り文鳥」です。
この頃、まだ「彼女」はバリバリの荒鳥だったため、ワタシもチビッコ・桜がついてくるままに部屋から連れ出していました。
まだまだ怖れを知らないヒナ時代、チビッコ・桜はどこででも握り文鳥になってました(笑)。
今は、「彼女」が少し荒鳥を脱却したので、かえってチビッコ・桜だけを部屋から連れ出すことはしなくなりましが、そのせいかチビッコ・桜は部屋の外に出ることに少しだけ警戒心を抱くようになりました。
とはいえ、「彼女」もチビッコ・桜も、ワタシが部屋から出るときは、2人でワタシに張り付いて、ドアから脱出しようと試みていますが、未だ成功したことはありません(笑)。

PR
拍手する
参加してます♪
人気blog Rankingへにほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ 桜文鳥へblogram投票ボタン

Link This Entry?

This Entry URI:
Submit Comment
Name
Title
TextColor
E-mail
URI
Comment
PassWord   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret message       

├── プレビュー中 ──┤ [preview]ボタンを押すと閉じます。

 
エンジン全開!
あらためて写真を見ると、この頃の桜ちゃん(吹雪ちゃん)は、見るからにちびっ子感(いたいけ感?)にあふれていましたね~。
守ってあげなくちゃ!と思わせるか弱さというか。でもぐんぐん成長して元気はつらつ、パワー全開で何よりです。
しかし、一番下の写真は笑いました!整体とかマッサージで癒されてるみたいな図ですね。つぼ押しでしょうか?気持ちいいですか?・・なんて本当に聞いてみたくなりますよ~(笑)
波ちどり 2007/09/02(Sun)13:21:43 編集
マッサージ
本当に写真に写っているチビッコ・桜は、波ちどりさんのおっしゃる通り、「いたいけ」なんですよね。
普段のイタズラぶりを見ているワタシからすると、「全然違うジャン!」と突っ込みたくなるほどです(笑)。

最後の写真、文鳥はほっぺに耳があるんです。
その辺りを親指でグリグリとマッサージすると、あのような見るも無惨な状態になります(笑)。
完全に眠ってしまうコもいて、先代・桜文鳥はマッサージをやめても、しばらく気付かずに横になっている程でした!
相当、気持ちがよいようですよ~。
Chiara  2007/09/03 00:43
無題
うはぁ~可愛い(*゚∀゚)=3ムハー

成鳥に関しては桜文鳥も白文鳥も凄く美しいと思うんですけどね。
でも雛に関しては絶対桜文鳥のほうが可愛いと思います!!!
あ、これは個人的好みなんですけどw
このブラウンでちょっとすずめチックなところがたまりません

え~文鳥って羽繕いをしてくれるんですね!
彼女さん優しい
両方が大人になって見られなくなってしまった光景ってほんと貴重ですね~。

ところでカンスケも雛のときはメッチャ握られ好きで、手の平の上で長~くなって寝るのが大好きでした。
今はあの格好してくれないなぁ・・。
大人になっちゃったのね
桜えび URL 2007/09/02(Sun)17:05:38 編集
ヒナなら…
成鳥の美しさはやはり白文鳥が一番でしょうね。
桜文鳥は、いかにも愛嬌のある、人なつっこい感じが漂ってますよね。
でも、やっぱりヒナは桜文鳥でしょう(笑)。

>このブラウンでちょっとすずめチックなところがたまりません
そうそう、そうなんですよ!
さすがスズメ目!くちばしの黒に近い茶色もたまりません!

>え~文鳥って羽繕いをしてくれるんですね!
仲がよいペアならば、お互いに羽繕いするんですよね。
なかなかほほえましい光景なんですよ~。
我が家の2人の場合は、♀同士ですから、ホンの気の迷いでしょうけど(笑)。

>ところでカンスケも雛のときはメッチャ握られ好きで、手の平の上で長~くなって寝るのが大好きでした。
大人になるとやらなくなってしまうことって、ありますよね。
でも、だんだんと自分が文鳥であることを忘れ、自分を人間だと思うようになりますから(笑)、きっと年を追う毎に違うカンスケを発見できますよ~!
Chiara  2007/09/03 00:51
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
Animal Clock


Calendar

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Sur Craft

Japanese Colors

Recent Comments

Widget

連絡はコチラから!
Twitter

twitter / Chiara5513

Counter


ブログ内検索

Monthly Archive
RSS

Oldest Entries

(02/12)
(02/13)
(02/14)
(02/15)
(02/16)

アクセス解析
Copyright ©  文鳥とお花とワタシと…  All Rights Reserved.
* Material / Template by tsukika忍者ブログ [PR]