忍者ブログ
文鳥とお花とワタシと…
大切なパートナーの「文鳥」と狭いながらも楽しい我が庭で育てている「お花たち」とワタシの記録
 p.181 |  p.180 |  p.179 |  p.178 |  p.177 |  p.176 |  p.175 |  p.174 |  p.173 |  p.172 |  p.171 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

拍手する
参加してます♪
人気blog Rankingへにほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ 桜文鳥へblogram投票ボタン

Link This Entry?

This Entry URI:

どんなご褒美もらえるのかな~(はぁと)今日のチビッコ・桜、昨日の記事でみなさんが水浴びを褒めてくださったので、すっかり今日は自分がご褒美をもらえる日だと思ったとか思わなかったとか(笑)。
本当のところは定かではありませんが、実は今日は「彼女」の「オーツ麦記念日」なのです。
2006.11.9、某ホームセンターから我が家に、生後半年~1年の全くの荒鳥の状態でお迎えした「彼女」。
「豆苗た~いむ」などを設けて、仲良くなろうと日々努力はしていましたが、カゴの扉を開けても無関心…。
青菜を変えるために手を入れれば大騒ぎ、たまに扉から出てきてもうまく飛べずに床に急降下などなど…。
そんな日々が続いていました。
今までヒナヒナしかお迎えしたことがなかったので、だいぶ戸惑いましたが、例え手乗りにならなくても、だんだんと呼ぶと反応してくれるようになってきた「彼女」とは、きっといつか仲良しになれると信じていました。

それにしても、最近暑いわね~。まっ、アタシは全然平気だけど!そんな状況が激変したのは、ヒナヒナのチビッコ・桜をお迎えしてからでした。
傍若無人な(笑)中ヒナに育ったチビッコ・桜は、大胆にも「彼女」のカゴを占拠したり、入り浸ってはエサや豆苗を食べるなどの暴挙に出たわけでして(汗)。
そのうち、「こんなコに負けてる場合じゃないわ」と「彼女」が思ったかどうかはわかりませんが(笑)、カゴから外に毎日出てくるようになり、今度は逆に「彼女」がチビッコ・桜のカゴに入り浸るようになったのでした。
そして、運命の2007.07.08…とうとう「彼女」が1粒のオーツ麦をワタシの手から「パクッ」と食べたのでした!
それからの「彼女」は努力家ぶりをいかんなく発揮し、今では手ベッドでウトウトするようにまでなってくれました。
ありがとう!小雪ちゃん!

さて、ずいぶんと前置きが長くなりましたが、そんな記念日にあたり、今日は「煮干し缶大開放デー」を催しました(笑)。
みなさんのブンさまの中にも「煮干しで大興奮」なさるブンさまがいらっしゃることと思いますが、我が家は特に「小雪」が人(鳥)格が変わったかのように大興奮します。
では、記念日スペシャルバージョンとして、そんな「煮干し缶大開放デー」の様子を3連発でお楽しみ下さい!

煮干し大開放デー終了後……かくして、祭りの後はこのありさま(爆)
散乱している煮干しを見ると、到底食べているとは思えません(笑)。

PR
拍手する
参加してます♪
人気blog Rankingへにほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ 桜文鳥へblogram投票ボタン

Link This Entry?

This Entry URI:
Submit Comment
Name
Title
TextColor
E-mail
URI
Comment
PassWord   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret message       

├── プレビュー中 ──┤ [preview]ボタンを押すと閉じます。

 
 煮干しで大狂乱!
小雪ちゃんが特に嬉々として振り回していますね(^^)
やはりほとんど食べていないようですね。
匂いに興奮するのか(^^;
うちのもかさんが,魚の匂いに興味を持つようになったのは
2歳を過ぎてからのような・・・
魚の匂いは大人の匂い!?
いずみん URL 2008/07/09(Wed)08:06:53 編集
そうかもしれません!
いずみんさんのご指摘通り、興奮度は小雪の方が断然上です(笑)。
吹雪は何でもマネしてみたい年頃なので、一緒に覗いたり、つついてみたりしてますが、小雪ほど熱心ではありません。
やはり魚の匂いはオトナの文鳥さんが惹かれる匂いなのかもしれませんね!

先代・桜文鳥は、ちょっと残酷ですが目の部分を食べていたので、もしかしたら、もっとオトナになると食べるようになるのかもしれません(笑)。
Chiara  2008/07/11 00:50
 
テーブルの上に産卵じゃなくて散乱した
にぼしはこの後どうなったのでしょうか?^^
Me URL 2008/07/09(Wed)10:44:19 編集
それはですね…
テーブルの上に産卵じゃなくて散乱した煮干しは、この後、小さなすり鉢とすりこぎでつぶされ、おやつを入れているココットに入れられ、また小雪を楽しませてくれました(笑)。
実は床にも産卵じゃなくて散乱していたのですが、そちらはゴミ箱に入っていただきました(爆)。
Chiara  2008/07/11 00:53
 
私がこちらにお邪魔したときは
既に吹雪ちゃんは今の状態だったのですが
雛雛吹雪ちゃんの傍若無人ぶり、初めて拝見いたしました。
やっぱすごいよ!君は!(笑)

煮干しを前に興奮してる小雪ちゃんかわいいですねー。
上手に煮干しくわえてるねーと
微笑ましくみていたら、やっぱりやってきた!
吹雪ちゃん!
やはり小雪ちゃんの背後からなんか狙ってますね(笑)
sammy 2008/07/09(Wed)14:14:07 編集
落ち着いた方です(汗)
そうですか、初めて吹雪のヒナ時代の傍若無人ぶりをご覧になりましたか…。
ホント、怖いモノ知らずですよね。
小雪が荒鳥でビビリだったので、かえっていい気になって入り浸るようになったようにも思います(爆)。
今は、アレでもまだ落ち着いた方で、あの頃は、ブランコの鈴を相手にヒステリー起こすは、豆苗の新芽は摘んじゃうは…
ん?あんまり今と変わってませんね(笑)。

>微笑ましくみていたら、やっぱりやってきた!
>吹雪ちゃん!
何でもマネしてみたい年頃なんですよね。
でも、いずみんさんも書いて下さっていますが、小雪ほど執着はしていないようでした。
ただ、缶を横に倒してあったので、小雪が飽きてしまった後も、アゴが机に付いてしまうくらい低姿勢で、ひとりで缶をのぞき込んでました(笑)。
やっぱり桜文鳥の方がひょうきんだとワタシは強く思う次第です(爆)。
Chiara  2008/07/11 00:58
 
誘導してくれる子がいると…
変わっていきますよね。
うちも がんこの父ちゃんが
成鳥になってから お迎えしたので
同じような感じでした♪

”煮干し缶大開放デー”動画3連発
楽しませてもらいました!
煮干は食べたいけれど…
缶の中が ちょいと怖い??って感じで
これまた カワユイ!

素敵な記念日で良かったですね~

あぶりん URL 2008/07/09(Wed)17:43:55 編集
ブンチョは賢いのだ~!
がんこちゃんのお父さんは成鳥でお迎えしたんですね。
本当に文鳥さんって、頭が柔軟っていうか、環境に順応するっていうか、生きる知恵を持ってるっていうか、時々、ひどく感心してしまいます。

動画3連発、楽しんでいただけてよかったです!
あの缶の中は金色だったので、立てた状態で置いてあると、ぴかぴか光っているし、煮干しに届くほど首をつっこむのも怖いようでした(笑)。
缶を横に倒した途端にあのザマです!

我が家の文鳥連中にとっては、今までにはない食べ放題、いや遊び放題なおやつタイムだったので、楽しかっただろうと思います、多分…。
…しかし、後片付けは…(爆)。
Chiara  2008/07/11 01:26
煮干し
煮干し
らいぞう 2008/07/10(Thu)20:21:15 編集
 すいません
間違えて押してしまいましたちゅうとはんぱですいません。
煮干し缶大開放デーですか^^いいですね~
私もやってみようかな♪
らいぞう 2008/07/10(Thu)20:25:59 編集
いえいえ、お気になさらず!
煮干し、ライゾウくんにあげてみたことないですか?
もしそうだとしたら、オトナのライゾウくんなら、間違いなく大興奮すると思います(笑)。

あっ、粟穂ですが、どこかに片方だけでも固定してあげると引きちぎりやすくなります。
マメな方は小房に切り分けていらっしゃいますが、ワタシは大雑把なので(笑)、そのままカゴに洗濯ばさみ状のクリップで留めて、上の方を食べ終わったら食べ終わった部分の殻を取って、茎の部分を短くしてまた留めてます。
Chiara  2008/07/11 01:03
煮干祭りだ!ワッショイワッショイ!
あらら、大変な盛り上がりをみせていますね~
次から次から取り出して、ブンブン・・。
あぁ・・素敵な彼女さんが人が変わったようです

>青菜を変えるために手を入れれば大騒ぎ、たまに扉から出てきてもうまく飛べずに床に急降下などなど…

そうだったんですね!いきなり仲良くなれないとは知りながら、今の彼女さんの姿を知っていると本当に信じられない思いです。
ほんのちょっと前はそうだったんですよね
きっと彼女さんもChiaraさんのことを気になりながらも警戒心の方が先に立ってしまって、近付けなかったんでしょう。でもオーツ麦をキッカケにその壁が取れたのですね。
その壁を頑張って越えてくれた彼女さん、優しく待ち続けてあげたChiaraさん、素敵な関係です
あ、もちろんスペシャルゲストの桜ちゃんの活躍も忘れてはいけませんね。
桜えび URL 2008/07/10(Thu)21:41:59 編集
熱しやすく冷めやすい(笑)
煮干し缶の蓋を開けて机に置いた時の「彼女」ときたら、それはもういつもとは全く違う執着ぶりを見せてましたよ~(笑)。
缶を横に倒した時、最初は怖がっていましたが、1つ煮干しを口にしたら、もう次から次へと…。
でも、そんなに興奮しておいて、冷めるときも早く、あっという間にどこかに行ってしまいました(汗)。

本当に「彼女」が荒鳥だったこと、ついつい忘れてしまいそうになります。
最初は、かがんでカゴに顔を近づけて、「おはよ~」と言うだけでビビッてましたから(笑)。
チビッコ・桜を迎えなかったら、心の距離は縮まったかもしれませんが、多分、荒鳥のままだったと思います。
チビッコ・桜には感謝してます…
…でも、めがねのツルにとまって、レンズの間にくちばしをいれて、まぶたをつねるのはやめてほしいです(爆)。
Chiara  2008/07/11 01:10
無題
小雪ちゃんはお迎えしたとき、荒鳥だったんですねー。うちも成鳥でお迎えした子がいました。とうとう手乗りにはなりませんでしたが、別に人間が嫌いなわけではなかったみたい。

煮干に我を忘れる(?)小雪ちゃん。
途中で参戦する吹雪ちゃん。
うーん、やっぱりかわいい。
何をしていてもかわいい・・・。



シナモン 2008/07/10(Thu)22:18:11 編集
バリバリでした(笑)
そうなんです、小雪はお迎えしたときはバリバリ・荒鳥でした。
最初のうちは怖がっていましたが、ことある毎に話しかけたりしているうちに、心の距離はだんだん縮まってきていたと思います。
呼ぶと返事をするようになっていたんですよね~。
なんだかその頃が懐かしいです(笑)。
文鳥さんは荒鳥であっても、人間と仲良くしたい…と思っているコトリですよね!

やっぱりシナモンさんは吹雪にだまされてますね(爆)。
確かに、動画を見る限りではぶりっこしてますよね。
かえって、煮干しに我を忘れる小雪より、カメラを意識しているような(笑)。
でも、この後、吹雪は、机の上に散乱した煮干しを床に落としてました、えぇ、次々に(爆)。
Chiara  2008/07/11 01:16
 魚がすき
嬉しそうにはしゃいでいる小雪ちゃんと、背後からお姉さんの様子を伺っている吹雪ちゃん。
可愛いですね。
見ているとしっかりもぐもぐしている小雪ちゃん。カルシウムの補給は十分ですね。(笑
karin URL 2008/07/11(Fri)22:52:04 編集
食べているようで…
小雪の興奮ぶりは、嬉しそうを通り越して、何かに取り憑かれているようです(爆)。
先代・桜文鳥もそうだったのですが、よ~く観察していると、目の部分をもぐもぐしているんです(汗)。
最終的には食べていないような気がしますが、塩土などもなめるだけでも栄養が取り込まれているそうなので、カルシウム補給はバッチリですね(笑)。

吹雪は、小雪のすることは何でもやる!というのが基本姿勢でして、小雪のスキを狙って入り込もうとしてます。
豆苗や他のエサの場合は、案外スキを狙って成功することもあるんですが、煮干しだけは小雪にスキはないようです(笑)。

あっ、はま煎茶さん宅のハクちゃんのエジプト探検隊
日々何度にも渡る水行を敢行しているヴァル王子は、きっと砂漠でも水を探し当ててくれそうですね♪
次回はぜひ、一緒に行きたいですね!
Chiara  2008/07/12 21:33
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
Animal Clock


Calendar

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Sur Craft

Japanese Colors

Recent Comments

Widget

連絡はコチラから!
Twitter

twitter / Chiara5513

Counter


ブログ内検索

Monthly Archive
RSS

Oldest Entries

(02/12)
(02/13)
(02/14)
(02/15)
(02/16)

アクセス解析
Copyright ©  文鳥とお花とワタシと…  All Rights Reserved.
* Material / Template by tsukika忍者ブログ [PR]