忍者ブログ
文鳥とお花とワタシと…
大切なパートナーの「文鳥」と狭いながらも楽しい我が庭で育てている「お花たち」とワタシの記録
 p.252 |  p.251 |  p.250 |  p.249 |  p.248 |  p.247 |  p.246 |  p.245 |  p.244 |  p.243 |  p.242 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

拍手する
参加してます♪
人気blog Rankingへにほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ 桜文鳥へblogram投票ボタン

Link This Entry?

This Entry URI:

毎日、青空だったり、暴風雨だったり、青空なのに大雨だったり…もう何がなんだかわからないお天気ですね(哀)。
でも、毎日、蒸し暑いことだけは同じで、湿気が苦手なワタクシ、既に夏バテ寸前でございます(汗)。
エアコンを28度でドライ稼働していますが、あまり室内の温度が低くなりすぎると、文鳥連中にとっては迷惑な話だろうし…と、こまめに温度を変えたり、健康ドライ(湿度高め)に変えたりしています。
最終的には、暑さと湿気に弱い飼い主と文鳥連中がお互い快適に過ごすために、カゴには冬にかけていたビニールのカバーを半分掛けて、共存しております(笑)。

しっぽがね、こんな風になっちゃった…もともとエアコンが苦手で、真夏もドライ稼働しかしませんし、ワタシの部屋にはPCという熱波を生み出す方がいらっしゃいますから(汗)、昨年まではこの時期にあまり室温のことを気にしたことはなかったのですが…。
今年は、この季節になってチビッコ・桜にやってきた第3の換羽の波が本格化しておりまして、第1の波で全部生え替わったと思っていたしっぽ、今は写真のような状態です(笑)。
また、全部生え替わる気らしいです(爆)。

こっちから見ると、ふつーのあたしでしょ?毎年のことですが、チビッコ・桜は第1の波で「妖怪吹雪ババァ」となり、ほぼ全身の換羽が終了。
そして、第2の波でちょこっとだけ換羽…というパターンです。
ところが、今年は第3の波がやってきて、しっぽは今回2度目の生え替わり(汗)。
第3の波はしっぽを中心にやってきているらしく、頭に1、2本の筆毛がある程度です。

でも、こっちから見ると、ちょっと違うんだってで、毎回チビッコ・桜の換羽時期に不思議に思うこと…。
換羽の時期のチビッコ・桜は、多少おとなしめではあるものの、まだ若いということもあるのでしょうが、ほぼ普段と変わらない生活を送っています。
ただ、ただですね、アイリングの色が左右で違うんです(汗)。
右目のアイリングやくちばしの色はいつも通りなのですが、左目のアイリングだけ色が冴えなくなるんです。
左目のアイリングの色がもとにもどるのが、換羽終了の合図です(笑)。

いい眺めだわ|ほんとだね、おねーさん|[左側のお嬢さん、アナタは何故いつもカーテンに乗るときマドラス風なんだね?]そんなチビッコ・桜を尻目に、「彼女」の換羽は毎年、キッチリ1回で終了!
そして、今はカーテン裏の大邸宅でお過ごしになることが多く、ひとりで「キューキュー」とか「クルルル」とか「ビィービィー」とかいろんな鳴き方をしてます(汗)。
今のところ、産卵の気配はありませんが、怪しげな行動に、ワタクシ、毎晩寝かせる前に、「今はね卵を産む時期じゃぁないからね。産まなくていいんだよ。」と言い聞かせておりますが、全く聞いていないようで(汗)。

そして、7月25日の日曜日、久しぶりの抜けるような青空の日…


Departure to the Blue Sky…ホイルちゃんとかあちんさんに捧げますいつもコメントをくださったり、よんどころない事情にはまった時に励まして下さるかあちんさん宅のホイルちゃんが旅立ちました。
10日ほど前に危篤状態に陥りながらも、かあちんさんの愛情タップリの大サービスとホイルちゃんのがんばりで、小康状態というよりは回復しているのでは…と思えるほど、男前な表情で写真におさまっていたのですが…。
かあちんさんには「泣かないでやって下さいね」とお願いされているのですが、ワタクシ、まだ先代・桜文鳥の旅立ちと重なってしまい、メソメソしてしまいます(涙)。
果敢に病気と闘ったホイルちゃん、眠るように旅立ったそうです。
かあんさんの願いであった「苦しまずに旅立つこと」を叶えてくれたホイルちゃん、キミは飼い主孝行だ!
そして、かあちんさんもホイルちゃんもお疲れさまでした。
ホイルちゃん、我が家の先代・桜文鳥ともあちらで仲良くしてやってね。

PR
拍手する
参加してます♪
人気blog Rankingへにほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ 桜文鳥へblogram投票ボタン

Link This Entry?

This Entry URI:
Submit Comment
Name
Title
TextColor
E-mail
URI
Comment
PassWord   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret message       

├── プレビュー中 ──┤ [preview]ボタンを押すと閉じます。

 
 うちは第二波かも
吹雪ちゃんは前回の換羽で生え変わったはずの尻尾が気に入らないのでしょうか?それとも若さあふれるゆえに…でしょうか?左右のアイリングの色が違うとは。。。左右の血流がことなるとかですかねぇ。

我が家は誰ぞかチラリと抜けてる方がいます。変な気候で文鳥様もリズムが狂ったのかなぁ。。。
ちなみにこちらは23~4℃です。朝はヒーター入れてます。

かあちん様のブログをいつも読み逃げばかりで申し訳ないのですが、ホイルちゃんは気になってました。大きな大きな腫瘍を抱えながらも、最期は眠るように旅立って行ったのですね。今は憎憎しい腫瘍も無く、美しい姿で自由に飛び回っているのでしょうね。
ぽうこ 2009/07/28(Tue)03:33:36 編集
温暖化の影響でしょうか…
吹雪はしっぽの羽が抜けても、全然気にしないんです(汗)。
吹雪より小雪の方が抜けた羽が気になるようで、白文鳥が真っ黒な羽をくわえて遊んでいるのを見ると、何故かドキッとしてしまうワタシです(爆)。

吹雪のアイリングの色については、原因はわからないのですが、だんだんと換羽がおさまってくると、左側のアイリングに色が戻ってきてまだらになってきます(汗)。
で、右目と同じようになったら終了!…ということらしいです(笑)。

>ちなみにこちらは23~4℃です。朝はヒーター入れてます。
な、なんですって!!!
夏が苦手なワタシには、うらやましすぎる気温じゃぁありませんか!
でも、お嬢様方のお世話係としては、今の季節でも温度管理が欠かせないのですね…。

先代・桜文鳥は小雪同様、一気に換羽を済ませるタイプだったので、吹雪を見ていると、これも温暖化や気候の変化が影響しているのかしら…と思ったりもします。


かあちんさん宅のホイルちゃん…ぽうこさんも心配してくださっていたんですね。
コメントをくださっている蚊取り犬さん宅のハクちゃんも同じように腫瘍と闘った文鳥さんですが、本当に文鳥を始め、人間よりも動物の方が病気に負けずに一生懸命生きようとがんばってますよね(哀)。
まだまだ、文鳥様から学ぶことは多いですね…。
Chiara  2009/07/29 16:18
無題
ホイルちゃんのこと、ここんとこの写真を見て、かあちんさんがぼかしを入れてはるのを
蚊取り犬 URL 2009/07/28(Tue)08:58:52 編集
無題
見て、よほど見た目にひどい状態なんやろなぁと思いながら、自分ちのことで申し訳ないけどハクのことも思い出して重ねて見てた部分もあって、悔しいやら辛いやら。
でもかあちんさん、気丈に頑張ってはりましたもん、と思って、あたしはとにかくいつもどおりにブログを書き続けながら、かあちんさんに笑ってもらおうと待ってるのであります。
蚊取り犬 URL 2009/07/28(Tue)09:02:33 編集
そうですね…
ホイルちゃんの様子を見ていて、蚊取り犬さんもハクちゃんのことを思い出されているだろうなと…。

本当に病気は憎いですよね。
ハクちゃんの闘病ぶりを拝見していたときもそうでしたが、あんなに小さな身体を蝕まなくてもいいじゃない!…と、文句を言いたくもなります(哀)。

蚊取り犬さんが毎日、レンジャー諸君の様子を楽しく発信していらっしゃること、そのお気持ち、きっとかあちんさんに伝わってますよ!
ワタシなんぞ、ようやく更新したメソメソちゃんで、ダメダメちゃんですわ(汗)。
ワタシも庭の様子などを発信して、かあちんさんに和んでいただけるよう努力します!
Chiara  2009/07/29 16:24
 
吹雪ちゃん、第3の換羽がやってきたのですね。
2回も尻尾が生え変わってしまうのですか・・・
お疲れ様です。
アイリングの色も薄くなるとなんだか心配になりますよね。
早く普段の生活に戻ってくれるといいですね。
小雪ちゃんも大邸宅のどこかで卵をお産みにならないように・・・
女の子は心配が多いですね。

かあちんさんちのホイル君、とっても頑張りましたよね。そしてかあちんさんも。
最期を苦しまずに迎えられたことが、せめてもの救いだと思います。
かあちんさんの傷が癒えるのをお待ちしたいと思います。
tsukiko 2009/07/28(Tue)09:14:30 編集
本人は気にしていないようで(汗)
吹雪、第3の波が来たのは初めてなので、飼い主であるワタクシは気になっているのですが、本人は全く意に介さず(爆)。
小雪と不毛なダンス合戦を繰り広げたり、めがねのつるに止まってレンズの中を覗き込んできたり…相変わらずです(汗)。

>小雪ちゃんも大邸宅のどこかで卵をお産みにならないように・・・
この季節に産むのはやめてほしいんです(涙)。
せっかく今シーズンは1回で済んだ!と胸をなで下ろしていたんですが…。
毎晩、呪文のように「産まなくていいんだよ~」と言い聞かせてます(笑)。


そして、ホイルくんもかあちんさんも本当に頑張りましたよね。
かあちんさんの最後の願いであった「苦しまずに…」もホイルちゃんは叶えてくれたんですものね。
tsukikoさんのおっしゃる通り、かあちんさんの淋しさが癒える日をみんなでお待ちしましょう。
Chiara  2009/07/29 16:30
 
はじめましてクマゴといいます。

文鳥さんカワイイですねw

最近暴風暴雨が激しいですよね;^^
私の住んでいる神奈川は昨日夕立がありました;^^
まぁ夏は夕立がよくあるので・・・・・
まぁ我が家の小鳥達がちょっと雷の音でビビリ・・・・
まぁ最近変な天気ですよね。
クマゴ URL 2009/07/29(Wed)21:04:11 編集
 
あっ言い忘れていました。

私のブログ見に来てくださいね☆
待ってます!
クマゴ URL 2009/07/29(Wed)21:05:08 編集
いらっしゃいませ!
クマゴさん、はじめまして♪
拙ブログにようこそ!
昨日、ブログにお邪魔してきました。
今日は、「宿題やりなさい!」と怖い顔でカナリアちゃんに怒られてましたね(笑)。

コメントにも書きましたが、ワタシが人生で最初に一緒に過ごしたコトリがカナリアでした。
その後は文鳥一筋ですが、もうコトリのいない生活は考えられない体質になってしまいました(笑)。

カナリアは文鳥よりも敏感ですよね。
我が家の文鳥連中は、外の工事の音も雷も地震も全然ビビリません(汗)。
そのくせ、黄緑色のTシャツとかオレンジ色の袋などなど、部屋中を飛び回るくらいビビリます(爆)。

一緒に暮らしているコトリの種類は違いますけど、どうぞ、また遊びにいらしてくださいね。
お待ちしています♪
Chiara  2009/07/30 23:50
 
へぇ~ 左右のアイリングの色が違うんですかぁ。
私、そこまで気をつけて見た事がなかったような
気がしますぅ。
今度の時は しっかり見てみようっと!

今年の夏は… こちら札幌は雨ばかり。
まるで梅雨のような感じで しばらく
青空と太陽を見ていないような感じなんですよぉ。
いや~ねぇ~。

ホイルちゃん。
きっと キレイな青空の中を飛んでいるでしょうね。
あぶりん URL 2009/07/29(Wed)22:10:14 編集
ワタシも初めてで(汗)
換羽の時期に左右のアイリングの色が違うコは、ワタシも長い文鳥人生の中で初めてです(汗)。
眠いときに時々、左右のアイリングの色が違ったり…ということはありましたけど、常時ですから不思議です。

>今年の夏は… こちら札幌は雨ばかり。
>まるで梅雨のような感じで しばらく
>青空と太陽を見ていないような感じなんですよぉ。
>いや~ねぇ~。
そうですよね。
梅雨がないと言われている北海道も今年は梅雨じゃないか…いや、こちら同様、梅雨とは言えないほどの雨の降りっぷりですよね(哀)。
今日、こちらでは高校野球・地方大会の準決勝があったのですが、な、なんと湿度93%!
雨が降っていない曇りの状態で93%ですから、聞いただけでワタシ、溺れそうでした(汗)。
とにかく、湿気よ去れ~~~っ!と叫びたい気分です…。

きっとホイルちゃんは青空を気持ちよく飛んでいるでしょうね。
うらやましいぞ~(笑)。
Chiara  2009/07/30 23:55
 
あら、またまた換羽?う〜ん、そういうこともあるんですね〜。
動物の本能でそうなるのでしょうから、
「これが正しい換羽」というのはないのかもしれませんね。
それにしても、吹雪おばばちゃん(『妖怪ババァ』とは呼べないなぁ。笑)
左だけ白っぽい・・・
もしかして、小雪ちゃんが片方だけおハゲちゃんになるのを見習った、、とか・・・(謎)

卵を産む時期じゃないんですよね、
しかしうちも「キューキュークルクル』言ってまして、
どっちがキューキュー言ってるのかホントのところワカリマセン。。
いや、どっちも言ってるような・・・(笑)
ホイちゃん、今では青空を大きく羽ばたいてるのでしょうね!
Chiaraさんの作ったプリザーブドフラワー、やはりすてきです!
ホイちゃんがパールのアーチにちょこんと止まってるように感じました

はま煎茶 URL 2009/07/30(Thu)19:55:14 編集
なんだか、本格的なんです…
吹雪の換羽、なんだか本格化してます。
また「妖怪吹雪ババァ」(←呼んじゃってください!)になるってことはないと思いますが、今日、カゴを掃除したら、結構な量の羽が抜けてました(汗)。

そう、真夏は産卵時期ではないと思うんですけど…
ハクちゃんもかなりノリノリのようですね(汗)。
我が家の小雪もノリノリですよ。
換羽で少しおとなしめの吹雪に比べて、小雪は元気いっぱい、ノリノリ娘ですわ(爆)。
でも、朝は、2人でカゴで何やら怪しい『キューキュークルクル合戦』も行われておりますので(爆)、やはりハクサクちゃんも2人で『キューキュークルクル合戦』かも…。

ワタクシのアレンジ、お褒め頂いてありがとうございます。
いつもそうなのですが、親しくしている文鳥仲間さんの愛鳥さんが旅立ったときに創るアレンジは、花材や色、花器など全然迷わずすいすい創るコトができます。
ワタシは、きっと旅立った愛鳥さんが飼い主さんに捧げるために、花材などを選んで、創らせてくれているんだと思ってます。
ホイちゃんも、きっと「うちのおかあさんにはこれだよ」と教えてくれたんだと…。
そして、今頃、下界とは違って、毎日広がる青空を気持ちよく飛び回っているでしょうね!
Chiara  2009/07/31 00:05
ありがとうです 
こんばんは。
みなさんのコメントを拝読させて頂きました。
ホイルへのお悔やみと私へのお気遣いと・・
なんとお礼を申し上げたらよいか・・
月並みですが、ありがとうございますm(__)m

こちらのアレンジ・・
パッと目に入ったのが青空と同じ優しいブルーでした。
優しい優しい色。
Chiaraさんのホイルへの気持ちがとても嬉しかったです。
蚊取り犬さんの仰るように、あの背中は毎日見てきた私でも
息が詰まる時があって・・・
日々あの子と穏やかに過ごしてきたつもりが振り返れば壮絶な毎日だったな・・と。
けれど彼の最期があまりに美しかったので救われています。
今年は日照時間が少なくて根菜も根腐れするほどらしいけど
時折のぞく青空が大好きになりました^^;
かあちん 2009/07/31(Fri)21:50:56 編集
あっ、かあちんさんだ!
かあちんさん、お出ましいただいて、ありがとうございます(笑)。
文鳥…いや、小鳥…いや、動物と一緒に暮らしている方なら、みなさん、かあちんさんのお気持ちを自らにおきかえてみることができると思います…。

かあちんさんも蚊取り犬さんも、お辛い毎日であったに違いありませんが、きっとその日、その日を一生懸命生きている愛鳥さんのために必死だったことと拝察いたします(哀)。

ホイルちゃんの訃報をかあちんさんのブログで知ったとき、頭の中に青空が浮かびました。
青空の彼方へ、まっすぐに飛んでいくホイルちゃんも…。
ですから、あのアレンジは、ホイルちゃんからかあちんさんへのお礼だとワタシは思っています。
これからは夏の青空を見るたびにホイルちゃんを思い出せますね。

>今年は日照時間が少なくて根菜も根腐れするほどらしいけど
話はそれますが…根菜も根腐れ…。
そうでしょうね。日照時間も少なく、この雨続き…。
今年は夏のガーデニングでは絶対失敗したことがないニチニチソウまで根腐れした株が…。
夏が苦手なワタシでも、お花たちのことを考えると、早くお天道様を拝みたい気持ちになります(哀)。
Chiara  2009/07/31 22:44
我が家でも換羽が・・・
いつまでたっても梅雨があけません。じめじめして、気温があがらないわりには蒸し暑く、寒いのか暑いのかよくわからない毎日です。なんとかならないんでしょうか・・・。
たしか、文鳥の飼育本に、真夏は「換羽も産卵も関係ない一番おだやかな季節」と書いてあったような気がするのですが、吹雪ちゃん、換羽ですか~。しかも3度目!そして、小雪ちゃん、産んじゃだめよっ!
実は、うちのナッツも換羽が始まっているのです。5月頃にじみーな換羽があったばかりなのに。ナッツがお世話になっているお医者さんによれば、「飼われてる鳥は、常に春か夏みたいな環境だから」、イレギュラーな換羽もある程度仕方ないらしいです。

ホイルちゃん、がんばりましたね。愛する小鳥が病気になること、その病気と戦った末に亡くなること、そのつらさは言葉に表しようがありません。ご冥福をお祈りします。ホイルちゃん、我が家のトコ、もん、ぶらんとも天国で一緒に遊んでね。
シナモン 2009/08/03(Mon)22:02:21 編集
そのはずですよね(哀)
お返事が遅くなって、ゴメンナサイ!

本当に梅雨がようやく明けた…というのに、蒸し暑さは変わらず…。
急に雨が降ったり、かと思えば既に晴れていたり…変なお天気ですね。
ホント、なんとかならないんでしょうか…という感じです(哀)。

そう、真夏は文鳥たちにとっては、最も元気で最もお気楽な季節のハズなのに、この変な天候のせいでしょうか、吹雪の換羽の第3の波は本格的だったようで…。
ここ2日くらい、ようやく落ち着いてきたようですが、確かに獣医さんのおっしゃる通り、人間と暮らしていると温度変化がない生活ですから、飼育本通りにはいかないのも当然ですよね(哀)。
ナッツちゃんも早く換羽が落ち着くとよいですね。

小雪は相変わらず、カーテン裏の大邸宅でキューキュー言ってますが(汗)、まだエサ入れの下にもぐって、キューキュー言ったり、ビィビィー言ったりしていないので、大丈夫だと思うのですが…。
それでも、毎晩、寝る前に「卵は産まなくていいんだよ」と言い聞かせてます(笑)。

ホイルちゃん、本当にがんばったんです。
きっと、今はアチラで、トコちゃん、もんちゃん、ぶらんちゃん、そして我が家の先代・桜文鳥と仲良く楽しく、ワタシたちを見守ってくれていると思います。
Chiara  2009/08/08 01:08
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
Animal Clock


Calendar

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Sur Craft

Japanese Colors

Recent Comments

Widget

連絡はコチラから!
Twitter

twitter / Chiara5513

Counter


ブログ内検索

Monthly Archive
RSS

Oldest Entries

(02/12)
(02/13)
(02/14)
(02/15)
(02/16)

アクセス解析
Copyright ©  文鳥とお花とワタシと…  All Rights Reserved.
* Material / Template by tsukika忍者ブログ [PR]