忍者ブログ
文鳥とお花とワタシと…
大切なパートナーの「文鳥」と狭いながらも楽しい我が庭で育てている「お花たち」とワタシの記録
 p.109 |  p.108 |  p.107 |  p.106 |  p.105 |  p.104 |  p.103 |  p.102 |  p.101 |  p.100 |  p.99 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

拍手する
参加してます♪
人気blog Rankingへにほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ 桜文鳥へblogram投票ボタン

Link This Entry?

This Entry URI:

実はずいぶん前に、このブログにも時々コメントをくださる波ちどりさんから、ワタシがビーズで創ったストラップの修理品を預かっています。
少し時間がかかる作業なので、仕事やら、何やらが落ち着いてから…と思っているうちに、1ヶ月半が経ってしまいました。
波ちどりさん、ゴメンナサイ!

3色そろい踏み!今日は、そのお詫びにチョットしたモノを創りました。
だったら先にストラップの修理をしたら?…という皆様の声が聞こえてきそうですが(笑)、実はこのチョットしたモノの方が断然時間がかからないので、ご容赦を!
これはプリザーブド・フラワーという、半生フラワーで創ったアレンジです。

黄色は元気の素!最近はプリザーブド・フラワーもずいぶんと市民権を得てきたようで、ご存じの方も多いと思いますが、ワタシがこのプリザーブド・フラワーのレッスンに通い始めた6年ほど前は、まだまだマイナーで、地元で教室を探すのが本当に大変でした。
初めて、実際にこの目でプリザーブド・フラワーを見たときは、バラでありながら、バラにはない鮮やかで様々な色のプリザーブド・フラワーたちに、本当にウットリでした。

ブルーはクールダウンの素!プリザーブド・フラワーは、生のバラの色を完全に抜いた後に、特殊な加工液でカラーを入れたモノです。
最初はフランスのメーカが特許を持っていたので、他国では創ることができなかったのですが、最近では日本国内でも創られています。
最初の頃のプリザーブド・フラワーは、さすがヨーロッパ出身という感じで、色はとてもキレイでした。
ただ、商品の品質に厳しい日本人にとっては、色番は同じなのにロットによって色が違い過ぎたり、色が鮮やかすぎたり、大きさが揃っていなかったり…と、不満な点もありました。
日本人なら、もっと一定の品質を保ったプリザーブド・フラワーを創ることができるだろうに…と思ったものです。

オレンジはリフレッシュの素!それでも、やはりバラ自体の花びらの巻きは、ヨーロッパの方がキレイですし、最近、アチラの方々も品質管理を少し厳しくしたようなので、今でもアチラのメーカのモノを使っています。
日本産もあと数年すれば、きっとアチラの技術に近づくことでしょう。
意外なことに、バラ自体の花びらの巻きが一番キレイなのは、コロンビア産のバラです。
ヨーロッパのメーカの中でも、コロンビア産のバラを使って、プリザーブド・フラワーを創っているメーカのモノが一番花姿はキレイです。

PR
拍手する
参加してます♪
人気blog Rankingへにほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ 桜文鳥へblogram投票ボタン

Link This Entry?

This Entry URI:
Submit Comment
Name
Title
TextColor
E-mail
URI
Comment
PassWord   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret message       

├── プレビュー中 ──┤ [preview]ボタンを押すと閉じます。

 
可愛いぃ~♪
ブリザーブドフラワーって半生のお花を使うんですね!本当に美しい色あいです
私だったらこんな繊細な物はとても作ることが出来ないので、もうChiaraさんの器用さ・センスをただただ尊敬してしまいます。
こんなに美しいブリザーブドフラワーがさりげなく部屋に置いてあったら素敵ですね
桜えび URL 2007/10/03(Wed)06:54:09 編集
実は…
>私だったらこんな繊細な物はとても作ることが出来ないので、
いや、ワタシ、会社勤め時代にコンピュータやプリンタを持ったりしていたせいか、力がありあまってるようで、はっと気付くと、思いっきり花を振り回していて、花びらが数枚落ちてることが(爆)。
出来上がりが繊細に見えるだけで、ワタシはかなり大雑把です(笑)。

プリザはいろんな色のバラがあるので、好きな色を選べますし、何しろ手入れがいらないってーのが、ワタシ向きです(笑)。
これから先、香り付きのプリザができたら、いいなぁ…なんて思ってます。
Chiara  2007/10/04 01:09
手先が
器用なのですね〜!Chiaraさん。
私も以前はビーズで編み込みアクセサリーを教えてもらってよく作ってました。
作ってる時はホント時間があっという間に経つけど楽しいんですよね♪
でも私は作る行為より、色合わせを考える方が楽しいかなぁ。

ブリザーブド・フラワー、初めて聞きました。
「日本人はウルサイ」、これって素晴らしいことですよね。
これで品質が向上してゆくのですから!(笑)
はま煎茶 URL 2007/10/04(Thu)01:28:03 編集
ワタシも…
>でも私は作る行為より、色合わせを考える方が楽しいかなぁ。
それ、それですよ!
ワタシも色合わせを考えるのが一番好きです!
ビーズアクセサリも創るんですが、オリジナルレシピを創るよりも、既にあるレシピで色の組み合わせを変えて創る方が断然楽しいんです(笑)。
プリザーブド・フラワーも、生花にはない色があるので、色合わせが楽しいですよ~。

>「日本人はウルサイ」、これって素晴らしいことですよね。
>これで品質が向上してゆくのですから!(笑)
そうですよね、こういう「日本人のよさ」、いつまでも残したいですよね。
たとえ海外の映画で、永遠にメガネ+カメラのイメージで扱われようとも!(爆)
Chiara  2007/10/06 00:44
無題
いろいろあって、すっかりご無沙汰していました!ご心配をおかけしました~
ストラップの修理、ほんとすみません!!
あんな壊れ方をして、直す方にしてみれば気が滅入っちゃうと思います。よっぽど暇になって気が向いたときでいいですから、ムリなさらないでくださいね!!!!!!!
ブリザーブドフラワーみたいな繊細な作業ができるなんてすばらしいですね!ほんと私も尊敬してしまいます。細かい作業、ビーズもそうですが、肩が凝らないかと心配してしまいます。
波ちどり 2007/10/06(Sat)15:23:56 編集
お久しぶり!
ホント、お久しぶりです。
腰痛など、その後お加減はいかがですか?
まさに季節の変わり目で、ただでさえ体調を崩しやすい時期ですから、ご自愛下さいね。

さて、ストラップの修理、まだ済んでいなくてゴメンナサイ!
全然、気が滅入ることはないんですよー。
ただ、一度やり始めると、ついついアレもコレも…と何時間も作業をしたくなってしまうので、仕事を片付けてジックリ…と思っているんです。
ホント、娘さんに謝っておいてくださいね。

今回創ったプリザーブド・フラワー、どーやってお渡ししよう…と思案してます(笑)。
相変わらず、趣味のコト好きなコトとなると、後のことを考えずに没頭してしまうB型人間で、ゴメンナサイ!
Chiara  2007/10/07 13:24
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
Animal Clock


Calendar

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Sur Craft

Japanese Colors

Recent Comments

Widget

連絡はコチラから!
Twitter

twitter / Chiara5513

Counter


ブログ内検索

Monthly Archive
RSS

Oldest Entries

(02/12)
(02/13)
(02/14)
(02/15)
(02/16)

アクセス解析
Copyright ©  文鳥とお花とワタシと…  All Rights Reserved.
* Material / Template by tsukika忍者ブログ [PR]