忍者ブログ
文鳥とお花とワタシと…
大切なパートナーの「文鳥」と狭いながらも楽しい我が庭で育てている「お花たち」とワタシの記録
 p.22 |  p.21 |  p.20 |  p.19 |  p.18 |  p.17 |  p.16 |  p.15 |  p.14 |  p.13 |  p.12 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

拍手する
参加してます♪
人気blog Rankingへにほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ 桜文鳥へblogram投票ボタン

Link This Entry?

This Entry URI:

握られてやってるだけよ!今日も逃亡しました(笑)。
そろそろ、解放厳禁令を解いてみようと扉を開けておいたのですが、例によって例のごとく無関心を装っておりました。

部屋に家族が来て、ほんの出来心(笑)で、買い物してきたオレンジのビニール袋をカゴの上に置いたところ…一直線に扉から飛び出しました。
いつもはカゴの中を縦横無尽に逃げ回るのに、何故一直線に扉から出る?
狙ってなかった?

飼い主のワタシは逃亡2回目ともなれば、慣れたモノ。
前回よりも着地した場所が広い場所だったため、慎重に追い込んで捕獲しました。
しっかり握り文鳥になった「彼女」。
しかし、この直後にキツ~クかみつかれましたが(笑)。

前回のワタシのように心臓バクバクで無口になったのは、荷物を置いた家族。
心なしか顔色が悪かったような(笑)。

後ろ姿も美人でしょ?それから、前回の「彼女」のブログで、「彼女」が「撮らせてあげた」などと戯言を言っていた後ろ姿の写真。
もう二度と撮れないかもしれない「握り文鳥」を掲載したので、公開します(笑)。
こんな具合でした。

 

 

PR
拍手する
参加してます♪
人気blog Rankingへにほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ 桜文鳥へblogram投票ボタン

Link This Entry?

This Entry URI:
Submit Comment
Name
Title
TextColor
E-mail
URI
Comment
PassWord   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret message       

├── プレビュー中 ──┤ [preview]ボタンを押すと閉じます。

 
お宝写真
握り文鳥、かわいい~。いたいけな感じがたまりません。手中の写真だと、彼女がとっても小さく見えます。まさか手がでかいわけじゃないですよね。(顔だけだから小さく見えるのかな)

逃亡といえば、やはりかのリチャード・キンブル先生にご指南いただいた方がよろしいかと・・。あーでも無実の罪で逃げるわけじゃないですからダメか・・。

彼女の後ろ姿、すごく貴重ですね。この角度からなんて、みたことないですから。文鳥さん、ほんとに美白美人さんですね~♪
波ちどり 2007/03/01(Thu)19:28:30 編集
案外そうかも(笑)
握り文鳥、いいでしょ~?
先代の桜文鳥ならば、握り文鳥どころか、横向き寝文鳥なども撮れたでしょうが、「彼女」は握り文鳥でも奇跡です(笑)。
もちろん小さな身体であることに変わりはないけれど、案外、握っている私の手がでかいのかもしれません(爆)。

逃亡については、キンブル氏に教えを請うまでもなく、充分に状況と人間を観察していると思われます。
ちょっとナメられてるような気もする今日この頃です(笑)。

白文鳥の白は本当に目にしみます。
美白を通り越してます(笑)。
Chiara  2007/03/01 21:41
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
Animal Clock


Calendar

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Sur Craft

Japanese Colors

Recent Comments

Widget

連絡はコチラから!
Twitter

twitter / Chiara5513

Counter


ブログ内検索

Monthly Archive
RSS

Oldest Entries

(02/12)
(02/13)
(02/14)
(02/15)
(02/16)

アクセス解析
Copyright ©  文鳥とお花とワタシと…  All Rights Reserved.
* Material / Template by tsukika忍者ブログ [PR]