忍者ブログ
文鳥とお花とワタシと…
大切なパートナーの「文鳥」と狭いながらも楽しい我が庭で育てている「お花たち」とワタシの記録
 p.54 |  p.53 |  p.52 |  p.51 |  p.50 |  p.49 |  p.48 |  p.47 |  p.46 |  p.45 |  p.44 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

拍手する
参加してます♪
人気blog Rankingへにほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ 桜文鳥へblogram投票ボタン

Link This Entry?

This Entry URI:

ここで涼んでるのよ前回の遠出から、なかなか出かける勇気が出なかった「彼女」(笑)。
今日、思い切って扉から飛び出してきました。
そして、運良く(?)開いていた部屋の扉から、また部屋の外へ出てみたのでした。
前回もそうでしたが、「出てはみたモノの…」という感じらしく、一ヶ所でじっとしているだけ(笑)。

そこで寝ないでください(笑)そのうち、ワタシの手に乗っていたチビッコ・桜が、興味津々に「彼女」に近づいていきましたが、その羽音に驚いたようで、勢いで部屋に戻ってきました。
そして、部屋に戻っても相変わらず。
2人とも一ヶ所でじっとしていて、挙げ句の果てにはお腹を床につけてマジ寝(笑)。
おふたりさん、そんなところで寝ないでください!

いつもは1時間ほどで「彼女」を捕獲して、カゴに戻すのですが、やはり捕獲することが「彼女」にダメージを与えることは確実なので、今日はしばらく放っておくことにしました。
すると、「彼女」はさすがにカゴに戻りたくなったらしく、何度も羽ばたいてカゴの近くに…。
でも、飛び慣れないせいか、チビッコ・桜のように自由に方向転換したり、長い時間ホバリングしたりはできない様子。

それでも「彼女」はあきらめませんでした。
何度も何度もトライして、ようやくカゴの天井に乗ることができるように!
チビッコ・桜が近くに飛んでいったり、カーテンが風で揺らいだりすると驚いて飛び立ってしまうのですが、一度覚えたらもう平気!
何度でもカゴの天井に舞い戻ってきました。

特別に撮らせてあげるわそして、こ~んなに近くで写真を撮らせてくれました!
デジカメの電池切れで一番いいところが撮れなかったのですが、その後、「彼女」は努力に努力を重ねて、なんと!自分でカゴに帰ったのでした。

「彼女」の柔軟さにはいつもながら敬服してしまいます。

実はもうひとつ「彼女」の柔軟さを如実に物語るエピソードがあります。
今水浴びに使っている容器には黄色い縁取りがあって、最初は怖がって近寄ることもできなかったのです。
ところが、チビッコ・桜が臆することなくその容器の縁に乗ってくるくる回っているのを見たせいか、「彼女」はある日突然、その容器で水浴びをするようになりました。
まるで何事もなかったかのように(笑)。

そんな「彼女」を見ていると、教えられることが多く、たとえ手乗りにならなくても、たとえエサを選り好みしても(笑)、たとえ豆苗を下に落としてばかりいても(笑)、「彼女」は大切な大切な家族だ…と痛感するのでした。

そんな努力家な「彼女」には、今日のご褒美に青米を余分にあげました。
喜んでくれたかな?

PR
拍手する
参加してます♪
人気blog Rankingへにほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ 桜文鳥へblogram投票ボタン

Link This Entry?

This Entry URI:
Submit Comment
Name
Title
TextColor
E-mail
URI
Comment
PassWord   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret message       

├── プレビュー中 ──┤ [preview]ボタンを押すと閉じます。

 
大切な存在
彼女って、ほんとお姉さん気質なんだと思います。奔放だけど、ちょっと臆病で不器用なところもあって、妹(弟)ほど天真爛漫でもいられないというか。
でも親は、この長女のほうが気になる(心配)なのではないでしょうか・・?
ほんとうに大切な家族だって伝わります。感動を与えてくれる存在って、ありがたいですね。

波ちどり 2007/06/01(Fri)20:39:18 編集
この日以来…
この日以来、「彼女」はほぼ毎日出てくるようになりました。
カゴの天井に乗る…という技を覚えたおかげで、部屋の外に出て迷ってしまうことも、床のうえでじーっとしていることもなくなりました(笑)。

今では、チビッコ用の小さなカゴの天井と自分のカゴの天井を行ったり来たりするようになったんですよ!
ホント、「彼女」の柔軟さには頭が下がります。

しかも、チビッコが私の手の上に乗っていたりすると、近くまで飛んでくるようになりました(涙)。
勇気がなくて、カゴの天井以外に止まることはできないのですが、私としては「彼女」の羽ばたきを肌で感じることができる日が来るなんて、思ってもみなかったので、涙が出るほどうれしいんです(笑)。

…と、おっしゃる通り、やっぱり上の子(?)の方が気になるんですよね(笑)。
苦労性っていうか、なんていうか、放ってほけないんですよね。
これって、人間の子育ても同じじゃないですか(笑)?
Chiara  2007/06/04 00:17
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
Animal Clock


Calendar

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Sur Craft

Japanese Colors

Recent Comments

Widget

連絡はコチラから!
Twitter

twitter / Chiara5513

Counter


ブログ内検索

Monthly Archive
RSS

Oldest Entries

(02/12)
(02/13)
(02/14)
(02/15)
(02/16)

アクセス解析
Copyright ©  文鳥とお花とワタシと…  All Rights Reserved.
* Material / Template by tsukika忍者ブログ [PR]